どのツラ下げて…の正しい使い方。

韓国の反日タレントのキムジャンフンさんが今日の午前中に、神戸にある「兵庫心のケアセンター」を訪問してるそうです。

キムジャンフン氏のウィキ
↑詳しくはここを観てくださいね〜

まあ、この人、竹島に泳いで渡ったり、有名なところでは、日本で慰安婦の写真入りのポスターを無断で設置しまくったりしてましたねえ。
あと、日本海を東海に変更する運動とか。
自分の本籍地を竹島にしたりしてましたねえ。

とにかく、そんなに日本のことが、


お嫌い
なわけです。


それなのに、トラウマの治療施設を韓国で作るにあたり、日本から学んで韓国に取り入れようと、


お嫌いな日本にご来日あそばしているわけです(笑)


よくもまあ、しれっとした顔してそんなことが出来るなあと。

これこそ、まさに、



どのツラ下げて
お越しですか……ってやつです。
実は、日本にこの反日活動家であるキムジャンフン氏が来てるのも、反日活動の一環だったりします。

韓国で広まる日本を利用する、用日論 朝鮮中央日報
↑この記事は今年の5月頭ぐらいだった、用日論、というのが出てきました。

簡単に説明すると、

パククネ大統領の悪口外交と強硬反日路線があんまりうまくいってないので、

韓国の主要新聞社(日本でいうとろこの読売って感じですかね)、が社説で、

「反日ばっかりしててもあきまへん。反日ではなく、


日本を利用する、用日
でいきまひょ。これは反日より賢いやり方でっせ。日本をうまいこと使って韓国の利益になるようにいろんなことをさせましょう」

というようなものです。

なので、今回の反日活動家のキムジャンフン氏もこの用日理論でご来日あそばしたわけですね。

ほんまに変わった国ですねえ。

そない嫌いやったら関わり合いにならんかったらええのに。
ムシしてもらって全くもって問題ないんですけどねえ。

穿った見方ですけれど、

わざわざ反日活動家が日本で学ぶなんて、
もしかしたら、難癖つけるためにわざとここで学んで、
韓国へ帰ってうまくいかなかったって、



謝罪と賠償
のエンドレスループになるんじゃないのって、

思っている人は多いと思われます。





[PR]
by hosumi_moriwaki | 2014-07-29 16:21 | 気になるニュース | Comments(0)