昔、まだわたしが幼い頃、異常に本好きの母が、ディズニーの絵本をシリーズで買ってくれて、毎日その絵に魅せられて、私は、異常なほどのお姫様マニアになってしまいました。

 本気で信じてましたからねぇ。
 女の子は、絶対に、白馬に乗った運命の人に出会って結婚してお城で幸せに暮らすって。
 まぁ、絶対にありえないんですけどねぇ。

 それがいつの間にやら、白雪姫の王子様は死体にキスする変態だとか、小人の家でかってにごはんを食べて寝てた白雪姫のお育ちってどうかしら、とか、シンデレラのガラスの靴でしか探せなかった王子って頭悪いんじゃないかとか、義理の意地悪な姉にガラスの靴を壊されて、これでプリンセスが探せなくなったとみんなが悲しんでいるところに、平然ともう片方はここにありますと靴を持って現れてくるシンデレラの神経の太さにびっくりしたりするようになりましたねぇ。
  とまぁ、前置きが長くなりましたが、こんなヒネたわたしでも久々に楽しめた映画でした。
 やっぱりディズニー! 夢があります。
c0109891_1285581.jpg

 このお話、典型的な、ディズニーのお姫様が主人公です。
 毎日、森の中で動物たちと歌って楽しく暮らして、いつか王子様と出会えると信じてる典型的なディズニープリンセスが、悪い王子の継母に魔法をかけられて現代のNYへやってくるって話です。
 絵本の中では、素敵なプリンセスも、現代社会のなかでは、

 ただのイタイ人。

 私が子供のときに憧れてやまなかった王子様も、現代社会では、

 ほとんど変人です。

 それを見事に描ききった、ディズニーには素直に感服。
 単純にね、楽しめたし、笑えました。
 ディズニーの夢を自分たちで皮肉りながら、でもね、こんなミラクルもあるんだよ~ん的な映画作り。
 ほんまによかったです。

 小さい頃、お姫様に憧れたひとなら是非観て頂きたい作品でした。

 
[PR]
# by hosumi_moriwaki | 2008-03-25 12:32 | 本・DVD・映画 | Comments(14)

春、遠からじ。

 うちの実家のメタボリックシュナウザーのアンディ君のお散歩へ、さっき店から徒歩1分の河川公園へ行ってきました。
 この公園は桜並木がとってもキレイな公園です。
 桜のつぼみを毎日お散歩ついでにチェックするのですが、昨日までほんのり全体がピンクがかってて堅くしまっていたつぼみが、今日はふわっと柔らかくなってました。
 春もそこまで、来てるんですね056.gif056.gif
c0109891_14344371.jpg

 河原の土手にも小さな花がいっぱいでした。
c0109891_1435291.jpg

 一雨ごとに春に近づいていると思うと、春の雨も我慢できるかなぁ003.gif
[PR]
# by hosumi_moriwaki | 2008-03-22 14:41 | 日常 | Comments(3)

あ~~~ぁ・・・。

 お家のパソコンを昨日引っ越してからやっとコンセントにつないで配線もつなぎました。
 ヘンなエラーメッセージが出たけど、こちょこちょ触ってたら、なんとか復帰したのでそのままワードでお仕事をしてたら、そしたら!!!

 止まって動かなくなりました・・・。

 マウスも動かず、Tabキーも反応せず。
 困り果てて、友達のプログラマーへレスキューコール。
 『コンセント抜きましょう』
 そうね、そうね、コンセント抜いたら電源消せるもんね。
 だけど、2時間かけて作った資料も消えちゃうかもね・・・。
 仕方ないか・・・。
 でも、最後の力を振り絞り、私のパソコンちゃんはがんばりました!
 ワードドキュメントの回復をしてくれたのです(ソフトはいってたら当たり前だけど)!
 よかった・・・。
 資料は消えてなかった・・・。

 もう、ノーパソ買おう。
 デスクトップはいらないかな~。
 どうせ使う機能なんて、ネットとワードだけだし。
 パソコンのことよくわからないし。
 
 あ~、先週、車検で17万近く払ったのに、また予想外の出費が・・・。
 当分、激しい遊びは出来そうにありませんねぇ。
[PR]
# by hosumi_moriwaki | 2008-03-21 20:31 | 日常 | Comments(2)

 ジャンパーを観てきました。
 この映画、生まれつき加速装置が体内にあるテレポートできる人間のお話です。
 まだ観てない方にはなんなんですが、わたしの今までの映画館で観た映画の中でワースト3に入るほどの映画でございました。
 1800円の映画代。

 1260円ぐらい返して~~~!
  って感じでした。
 7、8年ぐらい前に観た『ホーンテッド』とかなんとかいう、世界初の3Dサウンド映画とええ勝負するんちゃうやろか、と思われる映画でした。
c0109891_1649234.jpg

 ネタバレもありません。
 バレて困るような内容もございません。
 『行き先、無制限』
 ってキャッチコピーの映画ですが、

 『内容、不透明』
 ってキャッチコピーにしたらええのに!って真剣に考えてしまいました。
 久々に、ハズレ引いたかな。
 魔法にかけられてを観たらよかった・・・。

 あっ、でも、内容もたいしたことなかったんですけど、私の好きなアメリカのTVドラマの『TheOC』に脇役ででてたネーちゃんがヒロイン役で、またそれも出来の悪い映画にありがちな哀愁をさそうようで・・・、
『内容もたいしたことないんやから、せめてキャスティングぐらい派手にしとけよ』
 と心底おもってしまいました。
 なにからなにまで地味な作品でした。
 1800円・・・・・・う~~~~ん。
[PR]
# by hosumi_moriwaki | 2008-03-18 17:29 | 本・DVD・映画 | Comments(4)

かに、再び。

 今シーズンのカニもそろそろ終わりということで、カニの食べ納めに行ってきました!
 本年度、2回目!
 前回は写真をあんまり撮ってなかったので今回はばっちり撮ってきました。
 美味しさが伝わるといいな~~♪

c0109891_14241230.jpg

  まずは、お刺身とカニ刺し!プリプリの絶品です。
c0109891_14244169.jpg

  次は、茹でガニ!
c0109891_14245833.jpg

  そして、ほうらく焼きカニ!私はコレが一番好きです。
c0109891_14253248.jpg

  続きまして、カニしゃぶです。
c0109891_14254550.jpg

  こんなに身が大きくてぷるんぷるんです。半生で頂くのがおいしくていいですよ。
c0109891_1426017.jpg

 やっぱり最後は雑炊! 食べ切れなかったカニの身を集めといて中に入れていただきます。
 絵図らは悪いかも・・・。
c0109891_14265314.jpg

 最後は、シャーベットとお抹茶、それに銘菓のとちもちが出てきて終わりです。

 今年も思い残すことなくカニを堪能いたしました。
 次のシーズンまで、カニさんとはしばしのお別れ。
 来年も楽しみにしておりま~~~す!
[PR]
# by hosumi_moriwaki | 2008-03-11 14:35 | 遊び | Comments(4)

最近のおやつ

c0109891_15124835.jpg

 私の最近はまっているおやつです。
 国産かたくち鰯のいりこですが、これがなかなかのお味でして049.gif
 カルシウムもとれるし、しっかり噛むので歯にもいいし、何よりダイエッターにうれしい低カロリー。
 いりこをかじりながらブログを更新する今日この頃です。
 う~ん、おいしい010.gif
[PR]
# by hosumi_moriwaki | 2008-03-08 15:17 | はまりました | Comments(2)

美しいということ。

 先日、女4人で明石で食事をしました。
 40代2人。
 30代私。
 20代1人、の合計4人。

 3人とも、とても楽しい人でそれぞれイキイキと輝いて独特の世界観をもっている人ばかりです。
 その時に、20代の女の子が自分に自身がないというような話をしました。
 私を含めた他の3人はビックリ。
 だって、その子はかわいいし、いいキャラだし、美味しそうに食事をする、そんなお嬢さんなのです。
 「何がそんなに不満なの?」
 と聞いてみると、

・もっと痩せたい
・かわいくなりたい


 大きな理由はこんなとこでしょうか。
 
 外見の美しさなんて、人ぞれぞれ、そう感じる基準も違うのになって私は思うのです。
 その辺を歩いてる、流行の服を着て、クルクルの縦ロールの髪型で、「エビちゃん」モドキになってる一山いくらの女の子たちを、かわいいとは思っても美しいとは思わないです。

 みんながヴィトンもってるからヴィトン、じゃなくて、
 『私は、コレが持ちたいの』
 ってノーブランドの自分のスタイルで選んだモノを持ってるほうがずっとずっとコケットでかっこいいんじゃないかな。
 私も、ブランド品のカバンを持つけど、理由は、『メンテナンスが出来るから』です。
 何年も毎日持ってもくたびれないし、物はたくさん入るしで愛用してます。
 ブランド品を否定してるわけじゃないのです。
 自分の目線で選ぶということが大切じゃないかと思うのです。

 一緒に食事をした20代の女の子は、自分の独特の世界観とスタイルを持ってるのにそれにまだ気がついてない。
 すっごくかっこよくて素敵だと思うけどね。
 ましてや、20代!
 一番元気で動けて楽しくてお肌もプリプリでいい時期なんだから、自信を持ってほしいですね。
 20代の女の子なんてみんなそれだけで十分かわいいし魅力的なんだから。

 なんかうまくかけなかったけど、自信とポリシーと自分のアイデンティティをもった女性は美しいと思うし、内面が磨かれれば、きれいごとではなくて、ホントに外見にあらわれますよ。

 私はそう思うのです。
[PR]
# by hosumi_moriwaki | 2008-03-07 13:56 | 美容 | Comments(2)

 ラララライラララライラララ・・・・・・
 ・・・ライラの冒険黄金の羅針盤を早速観てきました!

 SFアドベンチャー系にしては珍しく女の子が主人公ということで、なんだかちょっぴりジブリチックかしら?と勝手に期待して返り討ちにあってしまいました。

※ポスターの下からはネタバレアリですので御注意くださいませ。
c0109891_1714552.jpg

 ライラの冒険は全3作からなる物語で、今回の黄金の羅針盤は最初の部分。
 この第1作の舞台は、パラレルワールドで、第2作は私たちが住んでる世界が舞台。
 第3作は両方を行ったり来たりするようです。


 ↑というような内容が映画の冒頭にばばーーーんとスクリーンにでるわけです。
 そう、最近よくやってくれる、名付けて!3部完結・ロードオフザリング手法
 コレを見た瞬間、『またかよ・・・』とテンションは激下がり。
 完結するまで、何年かかんねん、しかも、ライラ大きなるやん!? 
 と思いながら観ていきました。

 結局、この映画、児童文学の割りに宗教っぽいブラックユーモアに包まれてるような感じがします。
 教権に支配されたパラレルワールド編が今回観た第1作なわけです。
 私はキリスト教にあまり造詣が深くないんでなんなんですが、コレってやっぱりちょっと問題になんじゃないの~!?って部分が出てくるようなでてこないような・・・。う~~~ん。

 このライラの生活する世界は、ダイモンと呼ばれる守護精霊が一人につきもれなく1匹ついてくるのです。
 ダイモンは動物の形をしていて、人の魂であり離れることはできません。人が苦しめばダイモンも苦しいし、ダイモンが痛ければ人も痛いのです。
 まさに、一心同体ってことです。
 それを、教権が切り離す実験をするのに子供を誘拐して人体実験をしようとして、それを助け出すっていうのが今回の映画の内容。
 そう、ただそれだけ。
 ちょ~~っと頭の回転が速くて人より気が強いお転婆なライラが鎧を着たはみ出しもののクマや気球のりのおっさんを仲間に加えながら旅をするって話です。

 CGはすごいし、映像もキレイ。
 だけど物語としてはしょり過ぎのような気がします。
 今、原作を読んだんですが、

 話だいぶんちゃうやん・・・。もぅ。

 ってな感じでした。
 原作読んでから観たらわかるけど、こんなパラレルワールドを何の知識もなしにあんな短い時間で詰め込まれたようなごった煮みたいな内容で全部理解しろってほうが無理がある。
 ちょ~~~っと不親切よ、不親切。
 前宣がすごかったから期待も大きかったぶん、

 なんだかなぁ~~~。

 です。

 二コールキッドマンはさすがでした。
 冷たくて美しくて性悪な役をさせたらあの人が絶対に世界一やわと感じずにはいられません。それぐらいに性悪でした。

 ライラもかわいかったし。
 
 そういえば、ライラの冒険の公式ホームページにあなたのダイモンは?っていうのがあって20個の質問に答えていくと私の本質を表すダイモンが出てくるゲーム?みたいなのがあってやってみました。

 私のダイモンらしいです。
 名前はアルバス。
 猛禽類って・・・ねぇ?
 最後までビミョーな感じでした。
c0109891_1714212.jpg

[PR]
# by hosumi_moriwaki | 2008-03-04 17:55 | 本・DVD・映画 | Comments(6)

親ばか・・・。

 我が家のチワワのラブリーちょびちゃんです。
 彼女は、14歳7ヶ月と8日のおばあちゃんチワワですが、このプリティでラブリーな(←くどい?)姿は健在です053.gif053.gif
 
 目は白内障でもう真っ白になってます。ほとんど見えてないと思いますが、ごはんの場所だけは心の目で見えているようです。
c0109891_19152465.jpg

 ちょびちゃんは、我が家で、ババアなのにべびちゃんと呼ばれていて日中はずーっと寝ております。
c0109891_19153792.jpg

 耳も遠くなってるはずなんですが、昔から呼んでもくるようなわんこではなかったので今現在聞こえているかどうかはわかりません。
 最近、家に帰ってもなかなか起きてこないので、『もしや!?』と心配して駆けつけるといびきをかいて寝ていたりします。
 昨日は揺すらないと起きませんでした。

 なんでもいいので元気で長生きしてほしいものです。
[PR]
# by hosumi_moriwaki | 2008-03-02 19:24 | わんこ | Comments(6)

 私と母は、ヘキサゴンが大好きです。
 日曜日の昼下がりの再放送と木曜の夜の放送を何よりの楽しみとしております。
 
 やらせかと思ってしまうぐらいのおバカな回答におなかをよじって笑ったことがある人も多いのではないでしょうか?
 あんなおバカな回答をする人ってテレビの中だけって思っている人も多いのではないでしょうか?

 いいえ、あんなことを言う人間はどこにでも存在するのです。

 私の友達に、スザンヌモドキつるのモドキがいます。

 先週、スザンヌモドキがお店に遊びに来たときの会話。

スザンヌモドキ(以下ス):ねーねーほずみちゃーん、温泉いこうよ、温泉!

私:いきたいねーどんなとこいく?

ス:う~ん、キリのお風呂にはいりたいんよな~なんかこう、温泉街に来たってふいんきやん??

私:・・・・・・キリ? 

ス:えっ、スギやっけ!?

私:・・・ヒノキ。

ス:あっ、それそれ!! ヒノキ風呂!

私:しかも、ふいんきってあんた雰囲気でしょ。漢字でかいたら雨の下に分があるやろう!!

ス:へー(興味全くナシ)

 スザンヌモドキは先日、筋っていう字を書くときに、月と力を逆に書いて、「なんか違うな~って思ったけど、どこが違うかわからんかってさぁ」と自分で大爆笑していたお人です。
 彼女は私と同い年、34です。

 つるのモドキもスザンヌモドキとかなりいい勝負をします。
 彼は、老舗旅館を『ロウホリョカン』という巨大なチェーンだと思っていたお人です。

 先日もあまりにもいい間違いが多いので、

『これからしゃべる前に、ヘキサゴンって言ってから話してよ』
 というと、何日か後に電話で、

『えーっと、なんやったかな、あっペンタゴン!!』 
 とのたまいました。

 そして、その二人の共通の最後の言い訳が、

「いや~、うるおぼえでさぁ」

 いや、だから、そこも違うから。
 うろ覚え、うろ、ね。

 せめて、母国語ぐらいちゃんとしゃべれた方がいいかもというお話でした。
 
[PR]
# by hosumi_moriwaki | 2008-02-29 14:40 | 日常 | Comments(6)