最近思うこと。

 今月の7日で34歳になったのですが、35歳までにはブロンドヘアにしてみたいと思っております。
 
 ずーっと、一生に一回ぐらいは金髪にしようと昔から思っていて、あっ、でも下品な金髪じゃなくて、ブロンドですよ、ブロンド。
 で、家族とか、友達とかにそれとなく34歳のブロンドヘア決意表明をしてみたのですが、自分がかわいそうになるぐらい誰一人として反対する人がいない!

 『ええや~ん、似合うわ、きっと』

 って答えばかり。
 ふん、ほんまにするからな。ブロンドに!!
 
 冬のブロンドは寒いように感じるので、夏にしようかな。
 3ヶ月限定で、またすぐにベージュに戻そう。
 
 私がブロンドの間、友達には私のことを、

 『キャメロン』

 って呼べって言っております(笑)

 ただ、髪が元々細いので、痛むのが心配なんですけど。

 でも、おばあちゃんになって死ぬ間際になって、
『私の人生で金髪にしなかったことだけが悔やまれて仕方ない』
 って後悔だけはしたくないので、思い切ってしてみよっと。

 う~ん、意外に似合うかもよ!?

 
 
[PR]
# by hosumi_moriwaki | 2008-01-18 16:59 | 日常 | Comments(10)

恒例、かにかにツアー

 先日、いつもの友達メンバーで毎年恒例となりましたカニを食べに兵庫県の佐津まで行ってきました。
 かれこれこのカニ民宿とは7年のお付き合い。
 カニがだ~いすきな私の冬のとっておきイベントです。
 強風雪の中、車3台で行ってまいりました!

 メニューは、
 ひらめ、かんぱち、甘エビ、イカ、たいのお造り。
 カニ味噌
 貝の塩辛
 が先付けで出ます。

 その後、カニ刺し
 ゆでカニ
 ほうらく焼きのカニ
 カニしゃぶ
 ぞうすい
 アイスクリーム
 お抹茶
 和菓子

 とカニ尽くしでボリューム満点で、しかも朝セリのカニを使ってランチで10500円!!
 鍋の野菜はおかみさんの手作り。
 お漬物もおかみさんの手作り。
 アットホームな民宿です。
c0109891_13195465.jpg

 これがほうらく焼きガニです。
 炭火で焼くと甲羅の匂いでしつこくなるそうでこの焼き方がベストらしいです。
 私はこれが一番好きなメニューかも。
c0109891_13202661.jpg

 カニの爪の部分の身ですが、ぽろっと取れます。
c0109891_13204135.jpg

 最後はカニしゃぶ。
 これまた絶品!!
 半生で頂くのがおいしゅうごさいますのよ。

 1回食べると、しばらくはカニを見るのもイヤになるくらい満足いたします。
 
 そういえば、民宿の玄関に絵葉書が飾ってあるのですが、その中の1枚に、

 『カニさんには悪いがやっぱり美味かった。』

 って書かれてるのがあるんです。
 うん、まさにおっしゃるとおり。
 
 今年もやっぱり美味かったです。
 カニさんには悪いけど・・・。
[PR]
# by hosumi_moriwaki | 2008-01-16 13:35 | 遊び | Comments(6)

お誕生日だった。

 なんだか、ビンボくさいタイトルになってしまいましたが、1月7日は、わたくし、34回目のお誕生日でございました。
 34,34,34,34,34,34,34,34,34・・・・・・・・・。
 う~~~ん。
 34かぁ。
 小学校低学年のときに初めて『ノストラダムスの大予言』という本を読んで、純粋だった私は、

 『地球は私が25歳ぐらいで滅亡するんや』

 と一人でショックを受けてたのを思い出します。
 「まぁ、25まで生きたら十分か、おばはんやし」
 と、みょうに納得したりしてましたね。
 今考えると、おかしくてわらちゃいますけど。
 
 そのときの、十分だと思った年より9年オーバーしても元気であつかましく生きております。
 家のローンも組んでしまったことだし、頑張って元気で働かないと~!

c0109891_1471640.jpg

 ケーキを頂きました!
 こんな数字のローソクがあったなんてびっくり・・・。
 
[PR]
# by hosumi_moriwaki | 2008-01-09 14:08 | 日常 | Comments(10)

玄関のお飾り

 去年の暮れに、唐突にうちの母・マサ子に、
『玄関のお飾り、新築やねんから奮発してドドーンとええのん付けときよ』
 と言われまして、一夜飾りはあかんから、30日にはちゃんと玄関に付けときよって釘まで刺されたので、30日に近所のスーパーで一番大きいお飾りを購入し、玄関のポーチの門に取り付けました。
 最近のは、ちゃんとぶら下げるフックまで付いてて、両面テープも付いてて、とっても親切。
 
『お飾りつけとかな、あんたんちだけ神さんこおへんからな!』
 と母が言ってたけど、こんなけ目立つの付けたら神さんも迷わずに来れるやろ~と内心ほくそ笑み、新年を無事に迎えることが出来るようにと願いを込め、取り付けられたお飾りを満足げに眺め家の中へ入りました。

 次の日(大晦日)、宅急便がきたので玄関へ出てみると、
『んんん????お飾りがない!!』
 慌てて探し回ると、お飾りは重みに耐えられず、フックごと落下した上に風に飛ばされてエレベータの前まで飛んで行ってました・・・。
 
 ・・・・・・縁起わるっ!!!!!

 人に見られると恥ずかしいのできょろきょろと周りを見渡し、パジャマ姿で慌ててエレベーターまで拾いに行き、『超強力両面テープ』というのを家から持ってきてしっかりと貼り付けました。

 今年一年が見えたような気分・・・。
 まぁ、元旦にはちゃんと門に付いてたし、神さんは私の家にも寄ってくれたかな~。
[PR]
# by hosumi_moriwaki | 2008-01-06 14:43 | 日常 | Comments(6)

仕事初めの御挨拶。

c0109891_1923872.jpg

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い致します!
[PR]
# by hosumi_moriwaki | 2008-01-05 19:25 | わんこ | Comments(6)

仕事納め

 只今、無事仕事納めとなりました。
 今年もみなさまに支えていただき、無事に一年を幸福に過ごすことができました。
 
 『HOSUMI』を訪れてくださったお客さま、本当にありがとうございました!
 
 また、私の拙いブログに足を運んでくださったみなさま、本当にありがとうございました!

 取引先の営業のみなさま、小さいお店にも係わらず、よくしていただきありがとうございました!

 どうぞ、来年も相変わりませず御愛顧のほど宜しくお願い致します。
 みなさまに今年も本当にお世話になりました。
 今年以上に、楽しんで、リラックスして、美しくなれる、そんなサロン作りを心がけたいとおもっております。
 
 最後に、今年もプライベートで支えてくれた多くの友人に感謝します。

 どうぞ、みなさま!
 幸せな素晴らしい年をお迎えください^^v
 みなさまにとりまして来年が素晴らしい年になりますように!
 ありがとうございました!

 来年は1月5日より平常営業いたします。


 追伸:・・・・・・・今から年賀状を書きます、すんません(涙)
     元旦には絶対に届かないです。
     すみませ~~~~~~ん!
     
[PR]
# by hosumi_moriwaki | 2007-12-30 22:09 | お仕事 | Comments(10)

新築祝い♪

 先日、友だち3人から新築祝いをいただきました!
 
 まず、のりちゃんのお祝い♪
c0109891_1748548.jpg

 のりちゃんとは、10年以上のお付き合いのあるとっても仲のいいお姉さん的存在のお友達です。
 美人だしスタイルもいいし、性格もとっても素晴らしい人。
 欠点があるとしたら、B型ってことぐらいでしょうか・・・。(世間のB型のかたごめんなさい)
 とっても趣味のいいのりちゃんらしいセレクトに感激です。
 この花瓶とアートフラワーが似合う場所が玄関しかないっていうのも悲しい話ですが。
 おしゃれなアートフラワーを置くような素敵な家具が家にはありません(笑)

 次は、私の弟分のイケメン2人から。
c0109891_17532167.jpg

 男の子2人でどんな顔して花を選んだのか想像しただけですごく嬉しくなりました。
 この2人、お客さんはご存知の方も多いのですが、お店のキティちゃんの時計を開店祝いにプレゼントしてくれた2人です。
 
 気持ちがこもったプレゼントは本当にうれしいものですね。
 これを選んでいる間、私のことを思ってくれいた3人にはすごく感謝です。
 この3人には、今年もたくさんお世話をかけてしまいました。
 友達っていいもんだな~としみじみ年末に感じることができた1日でした。
[PR]
# by hosumi_moriwaki | 2007-12-27 17:58 | 日常 | Comments(6)

明石屋サンタ

 昨日のイブの夜に友達が新築祝いを持って遊びに来てくれました。
 で、鴨鍋をして、ふぐも入れちゃって、たらふく食べて飲んで大騒ぎしてお開きになったのが、11時半ぐらい。
 友達を送っていって、帰ってきたのが12時半ぐらい。
 そこからお風呂に入って寝たのが2時。

 ・・・・・・・・忘れてたんです。
 何を?って毎年楽しみにしている明石屋サンタを!!!!
 
 自分より不幸な人の話をイブに聞くという、
 『上見て暮らすな下見て暮らせ』
 という番組で、ほんとうに毎年楽しみにしてるのです。
 今年も、友達と鍋をつつきながら、
「明石屋サンタ、今日やんね~絶対みなあかんわ!!」
 って話をしていたのに、お腹いっぱいになってお風呂に入ったら、す~っかりわすれちゃってたのです(涙)
 
 今年は、結構不幸だったので、番組に電話ぐらいしたい気分だったのに、残念。
 誰か、DVD録ってないかな・・・。
 明石屋サンタを見ないとどうも年末という気がしなくって・・・。
 あ~あ・・・。
[PR]
# by hosumi_moriwaki | 2007-12-25 18:22 | テレビ | Comments(8)

冬至とクリスマスチワワ

 昨日は冬至でしたね~。
 わたくし、ちゃんとかぼちゃを食べてゆず風呂にはいりましたよ。

 昨日の晩、夜の12時過ぎてからお風呂に入ったのです。
 買って帰ったゆず2個をお風呂に浮かべると、ゆずのいい香りが。
 もっともっとゆずの匂いが充満したらいいのに!!
 匂いフェチの血が騒いでしまったんですね~。
 ゆずをお風呂の中でぶすぶすと指で潰してみました。
 
 おおおおお~ええにおいじゃ~ふぃ~ 
 
 と喜んで風呂につかっていると、体中がチクチク痛くなってきました。
『ん?? もしかして、かゆい???』
 と思うや否や、全身がかゆくてチクチクしてどうしようもなくなったのです。

 最近、肌の調子がよかったからすっかり忘れてた・・・・・・・。

 私ってアトピーさんやんけ!!!

 いくら肌の調子がよかろうと、こんな酸性のものを肌につけたらそりゃ痛いしかゆくもなるでしょう。
 なんておバカなんでしょう。
 慌ててシャワーを浴びましたが時すでに遅し。
 全身がまっかっか。
 お尻までおさるさん状態でした。

 お風呂上りに、薬を塗って、久々にかゆみ止めの頓服を飲んで寝ました。
 風邪ひかんように、ゆず風呂はいったのに。
 何でもやりすぎはよくないですな。


話は変わって、明日はクリスマスイブ♪
 私の予定はな~んもありませんが、みなさまにクリスマスの御挨拶がわりに。

c0109891_1444275.jpg


 ももちゃんサンタです^^

 みなさま、素敵なクリスマスを!!!
[PR]
# by hosumi_moriwaki | 2007-12-23 14:45 | 日常 | Comments(8)

c0109891_1353309.jpg


 ちょっと前になりますが、公開してすぐぐらいに観にいってきました!!
 この作品は何度目かのリメイクということで、原作も1970年代、アメリカが舞台のがあるそうなんですが、今回はなんの知識もなく映画館へ突入。
 勝手にヒューマン映画だと思い込んでいたビビリのわたしは映画館で卒倒寸前。

 ここからはネタバレになるので注意してください!


 2012年のニューヨークが舞台のこの映画。
 主役のロバートネビルという軍人で科学者にウィル・スミスが好演。
 
 2009年、ガンの特効薬として使用された薬品を投与された人に狂犬病の症状に似た病状が出始め、人々に感染していきます。
 感染した人は凶暴になり、人さえごはんにしてしまうのです。
 2012年、ロバートネビルは、愛犬のシェパードのサム、1人と1匹だけでジャングルと化したニューヨークで、病気の特効薬を作るべく暮らし続けているわけです。
 ゾンビ状態になった元人間は、闇の人々といわれていて、紫外線に弱く日中は廃墟の中や光の届かないところでじっとしています。
 
 ロバートネビルは、愛犬サムとともに、太陽が出ている日中だけ、ニューヨークで鹿を狩り、食料品店から食料を拝借し、軍艦の上からマンハッタンにむけてゴルフの打ちっぱなしをして、昼にニューポートで、
 ”あれから1001日目…私の名前はロバート・ネビル。
 生き延びてニューヨークにいる。現在、全てのAM周波数を使って
 この呼びかけを行っている。もしこの声を聴いている人がいたら
 応答してくれ。食料と隠れ家を提供しよう”
 
 というのを流し続けて他にまともな生存者がいないか探しているわけです。
 
 で、このロバートネビル、どうして空気感染さえするかもしれないこのヘンな病気にかからないのかというと、なんでかわからないけれど免疫が生まれつきあるかららしいです。
 地球上の人口が約64億人で、ロバートネビルのように免疫を持つ人間が2%いるらしく、計算上、地球上には約1200万人の人が感染せずに生き残っているらしいです。
 しかし、そのほとんどは、闇の人々により襲われてごはんにされてしまっているとのこと。

 ここで一つ疑問が。
 最初のポスターのキャッチコピー。
 『地球最後の男に希望はあるのか』
 
 全然、地球最後の男ちゃうやん!

 1200万人もいてたらもっと無事な人がいてるって。
 と映画を観ながら一人でつっこむわたくし。
 
 結局、愛犬サムはご主人のロバートネビルを守ろうとして、闇の犬に噛まれてしまいヘンな病気に感染。
 ロバートネビルが自ら手を下して愛犬サムを葬ります。
 この辺はちょっと切なくてウルウルなるところですが、わたしは、正直、怖すぎて泣きそうでした。

 で、サムがいなくなって自暴自棄になったロバートネビルは、夜に車を走らせ闇の人々へ戦いを挑みます。それは自殺行為そのものでした。
 もう、あかん、ロバート殺される~とピンチのときにどこからともなく、ロバートの放送を聞いたという女性と子供が現れます。
 その二人に助けられ命からがら家にたどり着いたネビル。
 しかし、夜のうちに家に帰ってしまったので、跡をつけられてロバートの家が闇の人々にばれてしまいます。

 家を襲撃されて、地下の研究室に逃げ込んだ3人は、ロバートが人体実験をしていた1人のゾンビの様子が元に戻っていっているのに気づきます。しかし、襲撃した闇の人々が目の前まで襲ってきて、もうあかんと思ったネビルは、人体実験が成功したゾンビから血清を取り出し、女性に預け、子供と女性をシェルターのなかに入れて、手榴弾を片手に闇の人々とともに木っ端微塵に吹き飛んで、レジェンド(伝説)になるわけです。

 で、その女性は生き残りの人々の村へ行って血清を渡して何年後かには治療薬が完成して人類は救われる、という終わり方でした。

 面白かったけれど、ストーリー展開が乱暴というか、行間をそっちで読んでね~的なはしょり方が気になりました。
 最後も、引っ張った割りに尻切れトンボというか・・・。
 しかし!CGや映像は素晴らしくすごかった!
 
 う~ん、DVDでもよかったかな。
 映画館で観るにはちょっと物足りないかもしれません。
[PR]
# by hosumi_moriwaki | 2007-12-22 18:10 | 本・DVD・映画 | Comments(2)