フェルトこむぎちゃん。

こむぎちゃんの実家のお母さんから、こんなかわいいストラップを頂きました!
c0109891_22273127.jpg

このほかにも、シュナウザーもいたんですよ(*^^*)
しかも、手作り!!
とってもお上手で、不器用な私は感心しっぱなしです!


c0109891_22263963.jpg

こむぎちゃんのフェルトストラップです!
可愛すぎる!!

本当にありがとうございました♪
嬉しい~(~▽~@)♪♪♪
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2011-09-30 22:32 | わんこ | Comments(2)

瀬戸ジャイアンツ。

岡山からこんなブドウを頂きました!
c0109891_19473539.jpg

瀬戸ジャイアンツ!!

ジャイアンツっていう名前が憎々しいですが、このブドウ、形がかわっていて、シャインマスカットみたいに皮ごと食べれます。

爽やかな甘味で、とーっても、おいしゅうございました。


ご馳走さまでした(*^▽^)/★*☆♪
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2011-09-29 19:52 | 日常 | Comments(2)

ぶひーんっ!

 昨日の夜、無事にサーフ子ちゃんが戻ってきたのですが、次の車検の予想金額が30万円を超えるのは確実と言われて、次の車を買うかどうかを検討中です・・・(涙)


 私の欲しい車は四駆。


 いまどきねえ、四駆ってねえ。


 時代に合ってないんですよねえええええええっ!



 で、TOYOTA車限定なので、サーフ子ちゃんの後継者として有力なのが『FJクルーザー』という車と『ラウンドクルーザープラド』っていう2車種。


 しかーし、ここで問題が・・・。


 うちのマンションの駐車場は機械式の立駐で、長さ5050ミリ、幅1850ミリまでしかダメなのです。


 実をいうとサーフ子ちゃんは幅1870ミリで、2センチオーバー。


 だけど、引っ越してくる前からのっているのでそのまま入れることが出来ました。


 でも、今度車を買うとなると、車庫証明というものを取らねばなりません。


 で、今日、駐車場を管理している事務所へ電話して聞いてみました。

 _________________________________________________________________

 わたし:「あの~、幅が3センチオーバーの車って車庫証明っておりますか・・・?」


 担当者:「よくそういったお話が来るんですけどね、3センチでも10センチでも1センチでもオーバーしたら車庫証明はおりませんよ」


 わたし:「そこをなんとかっ!っていうのは無理なんでしょうか・・・」


担当者:「1ミリでもオーバーしてたら、絶っっ対に無理です」


 ……今、絶対ってとこに力を込めて言いやがったな・・・。


 わたし:「でもね、欲しい車が3センチから5センチオーバーしてるんです。どうしてもその車に乗りたいんです。それ以外の車になんていったいどんな車に乗ったらいいんでしょうか」


 担当者:「そんなこと言われてもダメなものはダメなんですよ。1850ミリ以下の車を探してもらうしかないですね」


 わたし:「でもね、今も現にわたしの車って2センチオーバーしてても入ってますし、ちゃんと問題もなくきてますよ。それに、スタッドレスタイヤはいたときなんて、インチアップしてるから3センチぐらい余裕でオーバーしまくりなんですけど、全くもって問題もないし! なので、お願いします・・・わたしに車庫証明を出してください」


 担当者:「……あなたの車ってそんなにオーバーしてるんですか!?」


 わたし:「いえ、例え話だと思っていただいて・・・アッハッハ」


 担当者:「とにかく、無理ですよ。びた1ミリだってまかりません!」


 わたし:「そこをなんとか! 3センチでいいんです、たったの3センチ。左右1.5センチづつ。かわいいもんじゃないですか」


 担当者:「……1ミリだって無理なのに、あなた、なんで3センチって……」
 

 わたし:「そんな…じゃあ、なんですか。この国に言論の自由はあるのに車を選ぶ自由はないんでしょうか」(←ヤケクソ)


 担当者:「……論旨がずれてます」


 ……ちっ!  

 実はこの担当者とは顔見知りなんです。このマンションを購入するときにサーフ子ちゃんが入らないなら買わないって言って頑張り倒して折れてもろたことがあるんです。

 なので、しつこくすっぽんのように食い下がればと思ったのですが、なかなか手ごわい。

 やっぱり、マンション購入時は一斉入居で、私みたいな人がたくさんいてたから(実際、デカイ車が駐車場にはいっぱい入ってます。レクサスとかレクサスとかレクサスとか…)この担当者も疲れててOKしてくれたのかもしれません・・・。


 わたし:「もし、3センチ譲歩してもらえなかったら、私、プリウスを買うはめになるんです」


 担当者:「いい車じゃないですか。プリウスだったら問題ありませんよ。車庫証明すぐに出します」


 わたし:「確かに、プリウスはいい車かもしれません。地球にやさしいしエコだし燃費はいいし、いいことだらけだけど!」


 担当者:「だけど?」


 

 わたし:「そんな車にこの私が乗っているところを想像してみてください。わたしですよ、わたし! そんなん、どこをどうみても、












 
  偽善者










 にしか見えへんやないですか! 絶対、道ですれ違う人とか『あ、あの人ってプリウス乗ってるけど、実は私地球にやさしいことしてます、って顔してるけど、絶対に違うよね~』とか言われるの目に見えてるやないですか! ここまで言っても無理ですか!? 3センチでええんですけど!!」







 





 

 担当者:「無理です!」




 と言われてしまいました。


 しょうがないので営業さんに電話して「びた1ミリだって無理って・・・たった3センチなのに」と泣きついたら、



 「そうですねえ、じゃあ、駐車場の柱、折りますか?」


 と笑ってらっしゃいました。


 


 もう、私の味方は誰もおりません(涙)

 次の車検、意地でも通したいと思います!

 目指せ20万キロ!! いえーい!
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2011-09-27 21:00 | 日常 | Comments(4)

サーフ子ちゃんが、半年点検で入院してます。

18万キロ越えてもまだ現役です。

担当の営業さんは一台目からずっと家族共々お世話になっているひとで、とても優秀な方です。


その担当さんが、ついに昨日、新車のパンフレットを置いていきました(涙)


サーフ子ちゃん、次の車検では結構な金額がかかるそうなのですが、とても気に入っているので、できればもうちょい乗りたいです。


欲しい車はマンションの車庫に入らなくて無理だし…。
c0109891_16325339.jpg



しかし、パンフレット、おっさんが乗るような車のんばっかり…。

プラドもFJクルーザーも、幅がアウトなんだって!

せめて、車庫に入る車のパンフレットをください。
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2011-09-26 16:35 | 日常 | Comments(2)

相対性理論の崩壊?

 昨日の新聞の一面でかでかと、ニュートリノの方が光より1億分の6秒速いとかいてありました。

 わたしの怖ろしく微かな記憶が正しければ、アインシュタインの相対性理論は光より速いものはないという前提だから、それに伴って物理学っていうものが発展しているわけだから、物理のいろんな法則が根底から覆るということ・・・?


 理系アレルギーを自負しているので、連日のニュースをじんましんをぽりぽりと掻きながら観続けているわけなんですが、いまいち、よくわからない。

 たぶん、説明しているアナウンサーもよくわかってない。


 池上さんがはやく説明してくれたらええんですけど。


 まあね、実生活でなんら問題もおこらんでしょうけどねえ。


 しかし、一億分の6秒ってどんなんだろう・・・。


 もう、ええんちゃうん、そんなんとか思えるほど短いんだろうなあ。
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2011-09-25 12:36 | 気になるニュース | Comments(0)

 今日、姫路はあんまり雨が降ってませんでした。


 問題は、神戸に家がある私の帰宅道路。


 雨のため第二神明道路通行止めと友達からメールが・・・。



 した道で帰ろうかとスマホで道路情報を見てみると。。。




 国道2号線魚住付近で幅5メートルの陥没があり、上下線とも通行止め



 だって。


 これじゃ、その辺の幹線道路は全部渋滞で終わっちゃってるわねーなんて思い、最後の頼みの綱、




 山陽道へ!





  800円も出して高速道路に乗ったのに・・・。



  ETCを通ったとたん、



  



 緊急工事のため加古北~三木ジャンクション15キロ渋滞




 ですって。


 これはなにか、新手の嫌がらせかもしれん・・・。



 おうちに帰りたいだけなのに・・・。


 はふーん。
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2011-09-20 20:41 | 日常 | Comments(0)

ちょっと考えたこと。

 16日に父方のおばあちゃんが亡くなり、今日、無事にお葬式が済んだそうです


 90歳を超えていたし、6月からは幾度となく危ないことがあったりとかで、私も夏にお別れを言いに広島まで行ったし、残念な父は毎週のように広島へ行っていたしで、あまり悲しいとかはないのですが、それでも、おばあちゃんと呼べる人がいなくなってしまうというのはとても寂しいものです。

 まあ、37歳までおばあちゃんと呼べる人がいてたこと自体、ありがたいことなんですけれど。


 で、おばあちゃんのお通夜、お葬式は、


 「家族葬」


 という形でした。


 でね、結論だけ言うと、家族葬って一体どこまで参列していいのってのがわからない。


 家族葬って最近では多くなってきたのですが、明確なルールというかマニュアルというか、そういうのがまだ確立されていないんですよね。


 だいたい、なんで家族葬にするかっていうことを考えると、少ない人数で送りたいからってことが理由の一つになると思うんです。


 ということは、亡くなった人の兄弟、子供、同居している孫、ぐらい?


 うーん。そこがわからない。


 だいたい、亡くなったおばあちゃんは10人兄弟姉妹で、3人が戦争で亡くなってるけど、おばあちゃんを引いても6人兄弟がいるわけでしょ。

 で、90歳のおばあちゃんの兄弟姉妹だからかなりのご高齢。

 葬儀に出席するにしても一人で来れるような状態でもない。

 となると、兄弟一人あたり、付き添いが最低一人と考えてもそれだけで12人。


 それにおばあちゃんの子供×2で8人。

 それで、20人。


 で、孫も近い孫だけでも3人。

 まさか来てないとはおもうけど、ひ孫とかまで入れるとうーん、すごい数。

 家族葬とはいえ、列席するとなると泊まる所、食事、もろもろのことが付いてくるんですよね。

 葬儀を仕切っているのは父のおねえさんなんだけど、すごい負担になると思います。


 田舎だから葬儀会館とかも小さいだろうし。


 で、もろもろの事情を考えたうえで、私と弟は列席を見合わせました。


 夏にお別れ出来てたし、おばちゃんたちに負担をかけてもねえって思って。


 父と母はもちろん列席しないといけないのだけれど、まあ、うちの残念な父が役に立つとは思えない。


 フヌケ状態でオロオロしてるのが目に浮かぶようでした(笑)



 でね、考えたのは、もうちょっと「家族葬ってこんなもんですよ~」っていう明確なルールというか形が出来上がっていれば列席か欠席かを悩むこともないと思っていたので、そういうのがあればな~と。



 


 うちの母方のおばあちゃんの葬儀のときは商売をしている関係で家族葬には出来ず、100人越えの葬式になってしまったのですが、それはそれでいろいろ大変。


 家族葬も上記のようなことで、それはそれでいろいろ大変。


 人って死んだあとも大変なんですよねえ。

 おちおち死んでられませんねえ。


 おばちゃんの負担を減らすことだけを考えれば、兄弟と子供だけってのが一番いいんでしょうけどねえ。

 そうはいかないですもんね。

 うーん。

 
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2011-09-18 21:51 | 日常

リアル先輩友達のれいこはんのブログで、夢で矢野の新刊が発売されるのを並んで買ったという話がアップされていて、死ぬほど笑ったのですが、

 人の夢の話を見て笑い転げた罰がくだったのか、数年前から繰り返し見ている夢をまた見る羽目になってしまいました。


 実は数年前から、年に1回か2回、同じ夢を見ることがあるんです。

 
 最近は慣れてきて、夢の中で、「ああ、この夢をまた見てるんやなあ、まいったなあ」なんて思う余裕さえ出てきた今日この頃。


 で、どんな夢かというと、これまた縁起の悪そうな夢です。



 夜中に黒い大型犬の群れに追いかけ回される


 という夢(爆)


 いや、でも、ほんまに怖いんですよ。

 ただでさえビビりなのに。


 初めてこの夢を見ていた頃は、ただ単に大型犬の群れから逃げようと走り続ける夢でした。

 そのうち足がもつれて転んで噛まれそうになるところで目が覚めるのです。


 それが、何年か前から大型犬に追いかけられる道中(?)で、一本の木が登場するようになりました。

 天の助けとばかりに、私は夢の中でその木によじ登り(現実では腕の力が弱いので…あと下が重たいので木登りは出来ませんが)、木の下で大型犬が悔しそうに飛び上がったりしながら唸り続けるという夢に変わりました。


 そして、その次の年、また黒の大型犬の集団に追いかけられる夢を見た時のこと。


 夢の中で「ああ、確か、この先に木があるから、それに登れば助かる」と思って木に登ったら、





 大型犬も木に登れるように進化してた



 のです・・・。



 そして、れいこはんのブログを読んで、その自分の夢を思い出して寝た日の晩、




 また、「黒の大型犬の集団に追いかけられる」夢を見ました。


 で、当然のように木が登場し、その木に登り、大型犬も器用に私の後を追いかけて木に登ってくるのです。


 だいたい、このあたりで目が覚めるのですが、今回は目が覚めない!!


 夢の中で「えええっ、この先ってどうなるの!? はよ目が覚めてくれな噛まれるやんけっ!!」と叫んだのですが、もちろん、誰も助けてくれるわけもなく(笑)


 しかたがないのでお手紙書いた…じゃなくて、仕方がないので木の先っぽまで登って飛び降りることになりました。


 飛び降りた先にはなぜか崖(笑)


 そして下には川(笑)

 「お~ち~る~~~っ ぎゃぁぁぁぁぁ~~~」


 というところで目が覚めた次第であります。


 繰り返し同じ夢を見るってねえ、どういうことなんでしょう。


 気になって「夢占い」という本を読んでみたら、












 欲求不満






 と書かれてありました・・・。


 やかましいわいっ!!
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2011-09-13 21:01 | 日常 | Comments(2)

こむぎサマの災難。

  先日、めでたくモヒカンにしたスタンプーのひめちゃんのその後です。
c0109891_14401182.jpg
  
  ずいぶんとモヒカンも見慣れてきましたが、やはり初めてみるお客様は思わず失笑という感じ(爆)
  
  最初、ベレー帽みたいで変だったモヒカンも母がカットしてちょっとマシになりました。



  で、話は変わるのですが・・・・・・・・・・・・。


  うちのムスメーズたちはどんなにわんこ用のおもちゃを買い与えても、それで遊ばず、
 
  ももちゃんは洗い立ての靴下。

  こむぎちゃんはトイレットペーパーの芯。

  がお気に入りなのです。
  
  お互い好きなものがかぶってないので、ももちゃんとこむぎちゃんで取り合いになることはないのですが、


  昨日、こむぎちゃんがトイレットペーパーの芯で遊んでいると、その横をたまたまももちゃんが通りかかりました。

 ももちゃんは、トイレットペーパーの芯なんて興味もないので素通りしようとしていたのですが、


 こむぎは取られる!!と思ったみたいで、慌てて芯を咥えたのです。

 いつも、こむぎちゃんは芯の横のわっかの部分を噛んで運ぶのですが、今回、どうやら慌てていたみたいで、横からがっつり口にいれてしまいました・・・。

c0109891_14393539.jpg

  いつもならハウスに芯を持っていって隠すのに、咥えたままウロウロしています。

c0109891_14385651.jpg

  咥えたまま私のところまで持ってきて、手で私の足をちょんちょんと触るのです。


c0109891_1438425.jpg

  めずらしいこともあるもんだと思っていたら、



 こむぎちゃん、トイレットペーパーの芯が太すぎで、口を開けすぎて、





 自分で外せなかった模様・・・。



 私が引っ張っるとすぐに取れたのですが、犬歯の間にちょうど入っちゃったんでしょうね。

 しかし、留守中にやられていたらと思うと心配なので、本日はこむぎちゃんの宝物のトイレットペーパーの芯を残らず捨ててきました。
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2011-09-08 14:40 | わんこ | Comments(4)

 まあ、ホント、今さらっちゃ今さら何ですが、やっとこさDVDでジュリアロバーツ主演の「食べて祈って恋をして」を観ました。

 映画の内容に関しては特に何も書くこともないです(爆)

 ジュリアロバーツが人生に嫌気がさして、全財産を取っ払って旦那と離婚して、年下の舞台俳優と同棲するも上手くいかず、


 「ええい、旅にでちゃえ!」


 っていう道に転がっている石よりよくある自分探しの旅の映画でした。


 まあ、これを映画館で観てしまった方、お気の毒さまでした。


 ジュリアロバーツと言えば、やはり、私たちの年齢の女子には、


 「プリティウーマン」



 ですねえ。

 アレの印象が強くて、何を演じててもパッとしない感じがしますけれど(汗)

 プリティウーマンのときはあの大きな口さえプリティでしたもんねえ。



 で、今回の「食べて祈って恋をして」なんですが、


 イタリアで食べて




 インドで祈って




 バリで恋をする



 わけですが(失笑)、私やったら一年間休みが取れたらどこへ行くかな~と考えてみました。



 
 まず、



 トルコで食べて



 ハワイで遊んで



 メキシコで読書して



 ってとこでしょうか。。。


 根が貧乏性なのでおそらく一年も休んでしまうと死んでしまうかもしれませんねえ(笑)

 そう考えると働いている毎日はとても幸せなことですよね~。

 ありがたいことです
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2011-09-07 21:16 | 本・DVD・映画 | Comments(2)