サッカーのチャリティマッチ、元気をもらいました^^
 こういう被災地救済のイベントがどんどん増えてくるのはうれしいですね。

 被災地の方たちが元気に戻ってこられるまで、がんばって経済を回して行きましょう!



 最年長のカズがゴール、年齢が上の選手がまだ頑張ってる姿を見るとやはり、勇気がでます。

 カズってわたしが子供のときからテレビでサッカーやってるのに、ほんまにすごいです。

 わたしなんて50メートルも走ったら足がもつれてこけてしまうわ・・・。

 この試合でゴールできたのも、すごい。

 サッカーの神様がちゃんといるんですねえ。


 


  ちなみに、




 後半からFWで出てきた松井大輔に目が釘付けでした053.gif


 もう、何度見てもかっこいいです^^

 何でこんなに好みなのかしら。

 恒さまは目の前で会っても気がつきませんでしたが、きっと、松井なら遠くからでもちゃんとわかる気がします(笑)

 個人的に、



 松井定点カメラ




 が欲しいぐらいでした。。。



 う~ん、もっと華麗な足さばきを観ていたかった!


 

 
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2011-03-29 22:31 | テレビ | Comments(6)

飛行場。

c0109891_22343193.jpg

嫌なことや落ち込むことがあったり、元気になりたいときは空港に行って、ぼんやりと離陸する飛行機を眺めます。


国内のジャンボ機がほとんど引退しちゃったので、さみしいかぎりなのですが、空に向かって飛び立つ飛行機を観ると不思議と元気になります。


こないだ関空に行って空港をうろちょろして、展望デッキからぼんやりと離陸する飛行機を見てました。


ベンチに座って飛行機を眺めていると、マニアなおっちゃんたちがいっぱいいてビックリしましたw(°0°)w


バズーカかっ!?っていうほどの望遠レンズを持った人や管制とのやり取りをチャンネルを合わせて聞いてる人まで…。


『オールニッポン●●●』
なんてのが聞こえたら、


「なんや、次、ANAやん」


とか言ってるの!


撮り鉄、乗り鉄って聞いたことあるけど、飛行機って何て言うのかなぁ。


聞き飛行機?


まさかね。
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2011-03-28 22:34 | 日常 | Comments(0)

残念なわたし・・・。

 先日、ヴィッセル神戸の募金に参加したときのこと。

 ヴィッセルのベンチコートを着た人がたくさんバラけながら募金を呼び掛けていました。

 で、その中にどっかで会ったことがある人が募金箱を持っていました。


 はて、どこで会ったのかしら?


 などと思いつつ、私から一番近い位置にいたし、その男性のところで募金することにしました。


 近くで顔を見ても、どこで会った人なのかどうしても思い出せないのです。

 もしかしたら、よく行くお店の店員さんかもしれんし、同じマンションに住んでいてちらっと出会う人がヴィッセルのサポーターで手伝ってはるんかな~と。


 で、募金したあとにその男性は非常に丁寧に「ありがとうございました」と言ってくれ、なぜか、手を出してきたので、心の中で、

 「なんで私、この人の手を握らなあかんのやろ・・・」


 と思いつつも、人がいいのでにぎにぎして帰ってきました。


 帰ってテレビを観ていると、さっきのヴィッセルの募金の様子が放送されていて、さっきの男性がしっかり映っていました。

 そのときにアナウンサーが、





「元日本代表の宮本選手らが募金活動を・・・」




 と言っているのを聞いて固まりました。


 そうです。


 どこかで会ったことがあると思っていた人は、



 テレビで観たことのある、




 宮本選手でした(笑)





 失礼しました。

 わたしの大好きな松井大輔ならすぐに気がついたんだけど・・・。


 そういえば、かれこれ15年ほどまえに、イチローが隣で食事をしていたのを全く気が付かなかったことがありました(笑)

 帰るときになって「あ、イチロー・・・」って(笑)

 ちゃんと周りが見れる人になりたいと思います^^;

 
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2011-03-26 00:18 | 日常 | Comments(6)

 レコードチャイナにこんな記事がアップされてました。

 中国人が見た日本:孤児・日本は被災、良家のお嬢様・中国は覚醒する


 神経を逆なでされるとはまさにこのこと。

 このコラムの出だしが最悪。。。

 日本の被災状況を詳述しようとは思わない。この災難を神が日本に与え、日本が泣き、突然降りかかった災害の前に全ての傲慢は消え、戦々恐々とし、孤児のように同情を誘っている。


 ・・・・・・・・・・・・やかましいわぁぁぁぁ!! 石原慎太郎に言うぞっ!


 ああ、もう、ほんまにほんまにほんまにほんまに腹の立つことこの上なし!


 このコラムを書いた人が中国の教育家だというから驚きです。

 電波系コラムニストには違いないと思うのですが、内容を要約すると、

 中国は儒教の国なので、弱者には同情をする民族であると。だから、被災した孤児である日本に中国が手を差し伸べたことは中国という国が覚醒した証だ。


 ということらしいです。

 わたしが何よりも腹が立ったのは文中の、


 神は日本を追い出し、災害に満ちた土地だけを与えた

 
 というもの。

 今、震災で家を失った人が多くいる日本に対してこんなコラムを載せる意図がわからない。

 儒教がうんたらかんたらって言ってるくせに、神って何!?って感じですね。


 とにかくこのコラムを書いた人は悪意があって日本が嫌いで仕方ない人なんでしょうね。


 いちいち相手にするのも腹ただしいけれど、さすが中国です。これが中国の平常営業体制。


 これ書いたおっさんに会ってみたいわ。

 わたしは心底、腹の底から中国の体制が気持ちいいほど大嫌いですが、中国に住んでいる個人に対してこんな感情を持つことはこれからもないと思います。

 中国に四川大地震のときも募金もしたし、心配もしたけどねえ。

 神が災害を与えたとか孤児のように同情を誘っているとか、そんな風には思わなかったなあ。

 実際、中国でもいろんな意見があって、震災を喜ぶようなコメントは少なく感じていたのですが、しょせん、中国でした。


 長い歴史のあるすばらしい国のはずなんだけどねえ。


 受けた恩は倍返し、やられたことは三倍返しが基本なので、しっかりと覚えておきたいと思います。


 許さんっ!


 

 
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2011-03-22 18:12 | 気になるニュース | Comments(6)

従兄。

 今日、店に行くと母マサ子が、

 「義姉さん(父の姉)から電話があってね、●●くん(従兄)が募金してたって」

 というので、何気なく用事をしながら相槌を打っていたら、

 「あんたが神戸の震災のときに(世間様に)世話になったからって」

 とつぶやきました。


 私たちにしては大きい金額を募金したそうです。

 従兄は一番大きい上のお兄ちゃんで、年も離れていて何年も会っていないし、寡黙で頭のいい人で、わたしとは正反対なんだけれど、それでも16年前の震災でわたしが被災したことを覚えてくれていて、そのときに名前もわからない人たちの支援でわたしが助けられたことも覚えてくれていて、その恩を返してくれていることに言葉も出ませんでした。


 また恩返しする人が増えたな~。

 わたしは助けてもらってばかりで、何もお返しできてないのに。

 従兄になんかあったときは全力で何とかしよう。

 ありがとうございました<(_ _)>

 

 

 
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2011-03-18 23:04 | 日常 | Comments(4)

 東日本大震災で被災した動物のために、(財)日本動物愛護協会が緊急災害時動物救護本部を設置しました。

 義援金を募集しています。

 災害時、ペットを連れて避難所へ行けなかったり、どうしようもない理由で離れ離れになることは少なくありません。

 連れて逃げたかった人がほとんどだと思います。

 そんな動物を保護救護することを目的に活動されるようです。


 これは我が家がお世話になっているジェームス山ペットクリニックの小林院長が、阪神大震災のときに動物の救護を行った記録があります。

 災害時、動物がどうなるかが書かれていますのでよければ読んでください。


 ジェームス山ペットクリニック・ドクターズメモ


 わたしも出来る限りの協力をしたいと思っています。


 よろしくお願いいたします。

 
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2011-03-17 18:29 | 日常 | Comments(0)

歯磨きムスメーズ

c0109891_19152187.jpg

c0109891_19152159.jpg

まだまだ被災地は大変な状況ですね。今日はヴッセル神戸の選手の募金に参加しました。

ちょっとづつ頑張りましょう!


癒しわんこを載せておきますので、ちょっとでもほっこりしてください。


うちのムスメーズは最近とても歯磨きが上手になりました。


ごはんの後は子供用歯ブラシをガジガジしています。

でもよく見ておかないと、いつのまにかももちゃんの歯ブラシもこむぎちゃんが噛んでしまってることがあります。
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2011-03-16 19:15 | わんこ | Comments(2)

 14日現在、91の国と地域、国際機関から支援の申し入れがあるそうです。

 お隣りの韓国をはじめ、シンガポール、アメリカ、ドイツ、中国、スイスの救助隊が日本入りされました。

 今日はニュージーランドの救援チームが到着するようです。

 海外の友人からも日本を心配するメールが届いています。
 抜粋して元気がもらえるメールを載せたいと思います。


 ・エジプト まーちゃん 

 ニュースをみました とても日本をしんぱいしています 親切でやさしい日本人のみなさんをしんぱいしています 大好きな日本 大好きな日本の人たち 今日は日本のために祈ります
 (原文のまま)

 ※まーちゃんは電話代が高いのに心配して国際電話をかけて来てくれました(涙)
  人の優しさが本当に身にしみます。
  わたしの住んでいるところは大丈夫だと伝えましたが、それでも日本を心配してくれていました。
  

 
 ・アメリカ ジリアン

 ボストンでは毎日ニュースで報道しています。すごく心配。どうか日本がこれ以上の不幸に襲われませんように。津波があんなに怖いものだなんて思ってもいなかった!愛する人や家族を失った人のことを考えると涙が出ます。
 日本人は真面目で勤勉、そして世界一の努力家、だから、希望を持って!
 私たちも同じように心を痛めて寄り添っています。どんなときでも。
 神のご加護がありますように。
 pray 4 Japan


 ・アメリカ ケイト
 
 日本は大きな震災から立ち上がることのできる国家だと知っています。粘り強く、我慢強く、(震災や困難に立ち向かう)勇気を持った国民です。
 だから、どうか顔を上げて頑張ってください。
 世界中が日本を心配しています。
 ニュースで日本人が順序よく避難している姿が映っていました。 
 こんなひどい災害でも日本人は冷静で落ち着いていました。その姿に感動しました。
 私たちはいつでもそばにいます。
 

 

 その他にも心配してメールをくれた友人は同じようなことを書いてくれていました。
 その中の一人は、アメリカのほとんどのニュース番組の冒頭で今回の地震への募金を呼び掛けていると教えてくれました。一回10ドルの募金を多くの方がしてくれているようです。

 イギリスの新聞では一面に日の丸を書き、その中に日本語で、

 がんばれ日本 がんばれ東北(Don't give up Japan,Don't give up Tohoku)

 と書かれていたそうです。



 あと、youtubeやprayforjapanに日本へのコメントが世界中から寄せられていたので、その中のコメントを順不同で書き出しておきます(英語と簡単な中国語のコメントのみ)
 彼らの言葉が少しでも被災地の方の力になりますように。


 ・トルコはいつでも君たちと共に。


 ・幸運を。今日は日本のために祈ろう アメリカより


 ・日本頑張れ! 北京


 ・日本人は世界で最も洗練された民族の一つだ。これからもそれは変わらない。きっと立ち直る。 フランス 
 

 ・神よ、どうか日本を助けて


 ・生まれて初めて募金したよ。津波の映像を観てたらじっとしていられなくなった LA  


 ・もっとも進んだ国がこんな被害に襲われるなんて! 胸がつぶれそう!みなさんの無事を祈ってます アルジェリア


 ・日本の建物は地震に耐えられるように作られているんだね。あんなに高いビルが全く倒れていない。それは驚くべきことだし、日本人の技術の高さを反映している。


 ・日本人は高潔だ。助け合い街をすぐに元へと戻すだろう。それを僕は見続けることにしよう イギリス

 
 ・日本よ、君たちのために祈ろう オランダ


 ・幸運を、カナダから哀悼の意を込めて


 ・頑張れ日本の人たち、頑張れ東北の人たち イギリス



 一部を載せさせていただきました。
 ほとんどの人がpray for Japan と書き込んでくれています。
 世界中から暖かいコメントがあるなか、日本人による人間とは思えないようなコメントもあります。
 正直言って情けない限りです。
 

 今日、宮城の友達から電話が震災後初めてかかってきました。
 彼女はケガもなく無事でした。涙がでるほどうれしかったです。
 まだ停電しているらしく情報が何もないと言ってました。
 まだまだこれから大変なときが続きますが、どうか被災された方が無事でありますように。
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2011-03-14 17:16 | 日常 | Comments(9)

 昨日から今朝にかけて、同じ内容のチェーンメールが3通も別々の友人から届きました。

 関西で出回っているもので、内容は「東京の電力が底をつくので関電から送電します。関西の人は節電に努めてください」というものです。

 関西は60ヘルツ、関東は50ヘルツ。

 電気は備蓄できないので、作られた分から送電されていきます。

 関西から関東へ電気を送ろうとすると、中部にある変電所で一度、直流に変えなければなりません。

 その際、送れるのは最大で100万キロワット。

 関西電力のエリアで通常通り電気を消費しても100万キロワット送ることは可能です。(確認済み)

 節電するのは大切なことです。それは常日頃から行わなければならないことです。

 が、しかし、チェーンメールに届いていた内容は「関西が節電すれば関東の医療機器も使えて人が助かる」といった内容でした。

 わたしが腹が立ったのは、善意で行ったことかもしれませんがこんなチェーンメールをむやみやたらに送りまくってサーバに負荷をかけてしまうということです。

 本当に大切なときにサーバダウンなんてことになったら本末転倒もいいところです。

 送られてきたチェーンメールは誰かに送る前に、必ず自分でおかしくないかどうか一度確認してください。

 ●●の友人の友人から、なんて変なメールは回すべきではありません。

 善意で行ったことが不安をあおったり、変な方へ進むことだって多いことをご理解ください。

 阪神大震災のときに、「震度7の地震かまたすぐに来る」という噂が流れたことがありました。

 それを聞いた人はあくまでも善意でそれを触れまわりました。

 あっという間にその噂も広がり、結局、地震も来ませんでした。

 しかし、私はその噂を聞いていたので余震が来るたびに本震のときのように大きくなったらどうしようと、毎回冷や汗を出し、震えていました。

 あの噂を聞いた被災者のほとんどが同じ気持ちだったと思います。

 善意だというのはよくわかります。

 だけど、かならず真偽を確認してから人へ伝えてください。

 送信する際は必ず自分にも責任があると思ってほしいのです。

 その他に来たチェーンメールは自衛隊を名乗る人からのもので「被災地で皆さんの助けを求めています。出来る人は現地で手伝ってください」というものです。


 これもいたずらにしてはあまりにも悪質です。

 本当に必要な人はしかるべき機関から要請があります。

 食料の確保にはその会社へ、医療関係者にはその機関へ、電力会社の技術援助には電力会社へ。

 そういった具合に連絡が入っているようです。

 身近な親戚・友人たちも要請があった人から順に行っています。

 なので、わたしたちが今ちゃんと出来ることを見極めましょう。

 阪神大震災のときは善意から全国からボランティアが押し寄せ、パニックになった例もあります。

 動きたい気持ち、心配な気持ちはみなさん一緒です。

 どうか、冷静に行動なさってください。
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2011-03-13 20:15 | 日常 | Comments(6)

 この度の大規模地震で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

 
 震災を経験した被災者として、皆様のご無事を心よりお祈り申し上げます。


 どうぞ皆様が一日でも早く通常の生活に戻れますように。

 
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2011-03-12 12:38 | 日常