マイノリティ?

 毎週月曜日にレッスンにかよっているピアノの課題で、バロックの曲が今回宿題です。

 で、バロックの神様、もちろん、バッハの曲なのですが、使っているテキストに、それぞれの作曲家の略歴や曲の補足説明みたいなものが書かれてあります。

 で、昨日。

 うまく弾けなくて、イライラしながらテキストを見ていると、バッハの曲の上に、バッハについて書かれている記事を見つけました。

 何気に、読んでいくと・・・。



 ヨハン・セバスチャン・バッハは、ドイツの作曲家。
 バッハの一族には、音楽家が非常に多く、


   7世代200人のうち193人が音楽家


 であった。


 ・・・・・・音楽家にならなかった残りの7人の人生が気になってしかたないんですけど015.gif


 7世代で、7人しか音楽と関係ない仕事してなかったんですねぇ。

 1世代にバッハさんのご親族で1人だけ!

 まさに、マイノリティ~!!


 著名な音楽家のバッハの子孫の話より、こんな一族に生まれたのに、音楽に興味がなかったのか、才能に恵まれなかったのか、練習がきらいだったのか、わかりませんが、このマイノリティ7人のその後が気になって仕方ないです。


 ・・・・・・そんなこと考えてる暇があったら練習せえいう話なんですけどね。
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2009-03-31 14:07 | 日常 | Comments(6)

ご心配いただいている首は、相変わらず痛いのに、何を考えたか、手打ちパスタをつくってみました。
c0109891_20495493.jpg

 これが、意外に簡単でした。
 まず、材料。
 強力粉150グラム
 薄力粉150グラム
 オリーブオイル大さじ1
 塩小さじ2分の1
 たまご3個


 これをこねこねしていきます。


c0109891_20501398.jpg

 艶がでて、手に生地がつかなくなったらこねこね終了。
 この状態でラップをして30分寝かせます。  


c0109891_20504072.jpg

 さっきの塊を4等分して、強力粉で打ち粉をしながら、ひたすら薄く薄くのばしていく。


c0109891_20512521.jpg
 
 伸ばした生地を、切っていきます。
 オリーブオイルと塩を入れて沸騰させたお湯で1分から2分ゆがけばできあがり♪



 薄く伸ばし損ねたので、私のパスタはうどんのようになってしまいました。
 ボロネーゼのソースにからめて、食べてみると、懐かしい味が・・・。










 ・・・・・・すいとん!?





 昔、おばあちゃんがよく作ってくれていた、すいとんの感食でした・・・。
 洋風のすいとん。


 後日、ちゃんと、薄く伸ばして、切ったパスタは、ちゃんと普通においしかったです・・・。
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2009-03-30 21:05 | 日常 | Comments(6)

3回忌だった。

 こないだの日曜日に、1週間早く、おばあちゃんの3回忌の法要を行いました。

 早いですね、あれから、2年かぁ。

 3回忌まではあっという間だというのは、本当ですね。

 次は7回忌、ちょっと先になります。


 うちにお参りに来てくださるお坊さんは、顔が怖くて(失礼)、ゴットファーザーのボスみたいな顔をしています。

 こないだの法事で、そのお坊さんが、ロウソクを消すときに、普通に、ろうそくの芯を火がついたまま、



 ゆっくり指先でつまむのを見てしまいました。


 顔色も変えずに、ジュッって指で消したの!!
 素早くやるならわかるけど、ゆっくり消したの!!
 ヤケドした感じでもないし。

 もしかしたら、ターミネーターかしら。
 お経もいつも、同じところで咳をするし。
 身体の中に、テープレコーダーが内臓されてるとか(笑)
 やっぱり、あの顔といい、ただの坊主じゃないのかも・・・。

 う~ん。
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2009-03-23 22:04 | 日常 | Comments(8)

頚椎ヘルニア?

 また、首がまわらんようになってしまいました。

 貧乏ヒマなしってやつです・・・。


 と言うわけではなく、ほんとに、左首と肩と腕に激痛が(涙)

 また、病院で首に注射されちゃったわ・・・。


 整形外科の先生は、


 「もしかしたら、頚椎のヘルニアかもね」


 とさらっとおっしゃるので、


 「困るんですけど、痛いし」



 というと、



 「そうだね~困るよね~」


 とおっしゃってくださいました。


 気を取り直して、



 「気をつけることとかありますか? 姿勢とか、予防できるならしたほうがいいし」



 と言うと、




 「ないないない。首はね~気をつけようがないのよ、右向いて左向いてするだけでも痛めるときは痛めるしねぇ」




 と丁寧に本当のことを答えてくださいました。




 明日にでも、違う病院をさがしたいと思っています(爆)
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2009-03-23 00:16 | 日常 | Comments(4)

陣内!!!

 関西一の格差カップルの紀香ちゃんと陣内くん、離婚って記事がでてましたねぇ。


 まぁね、夫婦のことは、二人にしかわかんないんだろうけど。


 あんなに、べっぴんで、稼いでくれて、尽くしてくれる嫁がいても、まだ、






 遊ぶか!!!!!!!




 もし、ほんとに、浮気が原因なら、紀香ちゃんというか、女性が男性の浮気を止めるすべはないのでしょうかねぇ007.gif

 あんな完璧な嫁さんがいても浮気するってことは、これは、もう、病気の域なのかしら。


 ママになった紀香ちゃんを楽しみにしていただけにほんと残念。

 でも、浮気する男なんて、ほんと、絶対に繰り返すし、治らないから別れて正解!!

 すっきりさっぱりして、頑張ってほしいですね^^



 それより、縁結びで、しこたま儲けていた三宮の生田神社、大丈夫なのかしら。

 うちのお客さんも、生田神社で縁結びのお守り買ったって言ってたけど・・・。


 
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2009-03-21 21:57 | テレビ | Comments(6)

 私の教えてもらっているピアノの先生のところで使用しているのは、


 ディアパソン


 というメーカーのピアノ。


 もともと、オオハシという小さなピアノ工房で作られていて、今は、カワイが引き継いで作っているようです。

 ほんと、音が、独特のピアノ。

 ヤマハの音でもなく、カワイの音でもなく。


 まあ、結局は、好き嫌いの問題なんだけど。

 正直、わたくし、ヤマハの音は、あんまり好きじゃないんです。
 ヤマハ~~~~!!って自己主張してるような気がして・・・。

 ディアパソンの出す音は、ほんと、大好き。

 今、私の使っているピアノの低音が伸びるときに、割れるような音がするので、それがイヤで、違うピアノを購入しようと検討中です。


 新品は高いので、リニューアルピアノを検討中。

 母は、邪魔なので実家のピアノを持っていってくれと懇願しておりましたが、1970年代のヤマハのピアノなんてオーバーホールしたら、なんぼかかるかわかったもんじゃない!!!

 絶対に、買う方が安いね。


 今日、近所の楽器店に、メトロノームを買いに行ったついでに、いろいろなメーカーのピアノを触らせてもらったんだけど、やっぱり、ディアパソンが一番かなぁ。


 う~ん。


 色は、マホガニーが希望。

 黒いピアノって嫌いなんですよ^^;

 指紋がべたべたついて汚いし、ホコリが目立つし、何より、小さい時の嫌な練習を思い出してしまいます(笑)


 母と話をしていたのですが、



「才能もないくせに、耳が肥えてるって不幸よね」



 とばっさりと言われてしまいました。


 確かに・・・おっしゃる通り。 

c0109891_2247548.jpg


  今日、購入したメトロノーム。
  デジタルなので、電池で動きます。
  手で巻き巻きしなくていいので、とっても楽ちんになりました^^

 
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2009-03-18 22:47 | 日常 | Comments(4)

やっと、ここまで。

 年末年始から、撮りっぱなしにして、たまるだけたまっているHDDの中のドラマをちょっとづつ観ています。

 今日、やっと、1月11日ぐらいにあった、

 「コードブルー・ドクターヘリ」

 のスペシャルを観ました・・・。



 このドラマ、わたくし、連ドラのときから、ずっと欠かさず観ておりました。

 何故かって??


 ふふふふふふふふふふふ~~~~ん037.gif


 山Pが、出てるから。



 いや、山下くん自体は、そんなごっつい好みってわけでもないんですが、この、コードブルーの山下くんは、特別!!!!!


 笑わない山Pってすごいかっこいいですなぁ。


 もともと、ポーカーフェイスの人が好きなので、こんな役をしてるとついつい、顔をニヤニヤさせて観てしまいます^^;

 はぁ~、かっこよかった053.gif

 目の保養だわ^^ 

 

 昔、友達が、笑わない織田祐二(←こんな字やっけ??)が好きなのって言ってたことがあって、その頃は、ふ~ん、って感じでよくわからなかったんですが、いまなら、わかる!!!



 笑った山Pの顔は、どっちかっていうと苦手な顔なんだけど、笑わない山Pの顔は、死ぬほどストライクど真ん中です^^


 山Pのと年が変わらないという事実を知った時は、真剣に倒れそうになりました(笑)
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2009-03-16 23:58 | テレビ | Comments(6)

 去年の秋に植えたブロッコリーがようやく収穫できる大きさになりました^^

 やわらかそうで、美味しそう!!

 ほがらか農園、初ブロッコリー
c0109891_1956402.jpg

よくここまで大きくなってくれた!!!!
 よかった!! 感動した!!(←古っ)

  
 畑にいると、イケメン弟分のたけちゃんが、ホワイトデーのプレゼントを持って来てくれました^^

 ゴディバのチョコ053.gif053.gif053.gif

 私は、ゴディバのチョコレートがだ~~~~いすき!!!!
 ほんと、うれしい~♪ うひょひょひょひょひょ♪
 ありがとね~~~!
 お金のかかるおねーちゃんでごめんなさい003.gif

c0109891_1957381.jpg

    特にかわいかったのは、コレ!!!

 ひよこみたいです。
 初めて見たかも・・・。

 3羽ひよこが入っていて、

 ひよこダーク

 ひよこミルク

 ひよこホワイト



 ・・・・・・3羽揃って、ヒヨレンジャー!! とか、いってしまいそうなネーミングですが(笑)

 

 そうそう、このイケメン弟のたけちゃん、彼女募集中です。

 お心当たりのある方、どうぞ、よろしくお願いします^^;
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2009-03-15 20:17 | 農園 | Comments(6)

 野崎訳のライ麦畑でつかまえてを、私が初めて読んだのは、たぶん、高校1年生とか、2年生とか、そんなころやったと思います。

 この小説って、発売されてから50年近く経つんですねぇ。

 私が読んでからでも、20年近くたってるもんなぁ。

 ライ麦畑でつかまえて、は、実は今回で3回目の購入になるんです。

 高校生の頃に、野崎訳のを1冊。

 大学生のときに、原書を1冊。

 一昨日、村上春樹訳のを1冊。



 一昨日、ピアノの教本を買いに、本屋に行ったついでに、小説をさがしていると、3年ほど前に、発売されていた、村上春樹新訳「ライ麦畑でつかまえて」が、な~んと、ペーパーバックになって、お求めやすいお値段で売ってたんで、思わず、買ってしまいました・・・。

 ハードカバーのときは、1500円ぐらいしたのよねぇ、だから、文庫になるのを待ってました!
 文庫ではないけれど、ペーパーバックなので800円ぐらいでした。
 ほぼ半額・・・待ってみるもんですねぇ^^;


 別に、この小説のストーリーが、すごく心に残っているとか、感動した!!とかでは、全くなくて、じゃあ、何で3回も買ってるねんってことなんですけど、この小説ね、部分的に、すごく記憶に残る小説なんですよ。

 ストーリーは、主人公ホールデンコールフィールドっていう高校退学になった、ブルジョアのおぼっちゃんの神経症的なお話。(←みもふたもない言い方なんだけど、ほんと、そんな話)
 
 野崎訳のライ麦畑で~を読んだときに、私は、ずっと、主人公ホールデンは、社会や、インチキくさいもの、偽善というものに対しての心の葛藤みたいなものを持っていて、その心象的なものを読み取ってたんですよ。
 私も、ちょうど、ホールデンと同じ年頃に読んだし。ああ、そんなこともあるよね~みたいな感じで、賛同できるところも多かったような記憶がありますねぇ。
 
 それに、このお話、全体に、口語で書かれているんですよね。
 野崎訳のときは、主人公の独り言みたいな感じで書かれていました。


 原書を読んだときに、「You」って言葉がいっぱい出てきてびっくりしたのを覚えてます。


 ええ~この話って独り言を書いたんじゃないの!?って。

 原書を読んだとき、私は、勝手に、


 ああ、そうか、ホールデンは読者である人に聞かせているようにストーリーを組み立ててるんだな、



 と解釈したわけです。



 で、一昨日。


 村上春樹の新訳を読んで、やっと、長年の疑問が解消された気分でした。


 神経症のおぼっちゃんホールデンは、読者に話しかけているわけではなかったですね。

 自分の中のもう一人に話しかけておりました。

 自分の中を分裂させているんですね、この話。
 

 こんな本を書いたJ.D.サリンジャーも、怖いけど、その作者の意図を読み取って、巧みに主人公の心情を訳し切った村上春樹も、怖いなぁ、というのが、私の正直な感想。


 ライ麦畑でつかまえてを読んだ人でないと、わからないような話でごめんなさいませ。


 でも、やっぱり、うまい。
 読んでると、う~ん、すごいな、と唸るような訳がそこかしこに出てきます。

 もし、私に息子がいたら、高校生になったら読ませてたかもしれません。


 私は、年齢を重ねて、35歳になったけど、久しぶりに読んだライ麦畑でつかまえてのホールデンコールフィールドは、やっぱり16歳のままで、でも、年齢を重ねたからこそ、違う角度から、またこの本を読めたのかもしれません。


 いや~、懐かしかった。


 
 ちなみに、母マサ子が高校生のときに読んでいた本を譲ってくれたことがありました。

 母の青春のバイブルだったとか。



 タイトルは、






     赤毛のアン





 でした。


 ・・・しかも、全巻。
 
 一応、読んだ記憶はあるんですが、内容は覚えていません。

 プリンスエドワード島と赤毛ぐらいしか、覚えてなくて。
 私の中では、赤毛のアンとあしながおじさんが混同されていて、いまだに、どっちがどっちなのかわからないのです(笑)

 
 
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2009-03-10 23:18 | 本・DVD・映画 | Comments(12)

不敗神話・・・。

 10年来の友人のS君の不敗神話記録が、また更新されました。

 どんな不敗神話なのかというと、






 就職した会社は必ず倒産する




 というもの。



 今回も2週間ほどまえに、勤めていた会社がつぶれたそう。

 今回で4社、倒産したということに・・・。


 別に、小さい会社にばかり就職していたわけじゃございません。

 最初は、大証2部上場企業だったのにねぇ。

 まぁ、その会社は民事再生法だけど。



 しばらくは、将来についてゆっくりと考えたいとのこと。


 この才能をいかして、悪事で儲けた会社をつぶすために就職してみるとか。
 
 なんか、こう、この才能(?)を活かせる場所がないのかしら。



 しかし、ほんと、すごいわ。

 私が人事の責任者なら、絶対に、採用しません(笑)
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2009-03-08 19:53 | 日常 | Comments(10)