カテゴリ:お仕事( 147 )

仙台、再び。

 先週、爆弾低気圧の前日の23日に、仙台出張へいってきました。

 日帰りで!!!

 いいんですけどね。
 別に、日帰りでも・・・。
 あんまり仙台日帰りって聞かないですよねぇ?

 寒かった!
 さすが東北。
 でも、仙台ってあんまり雪が積もらないんですって。
 そのかわりといってはなんですが、突風です。

 今回、伊丹空港から9時40分発のANNに乗ったのはいいのですが、大阪の府立高校の修学旅行生と同じ便になりました。
 修学旅行か~なつかしいな~
 な~んて気楽に考えてたら時代の違いを思い知ってしまいました。

 今の、修学旅行って私服なんでしょうか??
 たまたまその学校が制服がないのかな。
 まぁ、なんせ全員私服。

 しかも、派手で派手でび~っくり。

 これってキャバ嬢の慰安旅行??
 
 てなぐらい、すごいいでたちのお嬢さん、お坊ちゃんがたばかりでした。
 搭乗手続きを済ませ、検査場へ入るまでのトイレはタバコの煙のにおいが・・・。
 
 『空港のトイレでタバコ吸うなよ、飛行機とばんかったらどないすんねん』
 と、またまたちょっとびっくり。

 で、検査場でまたびくっり。
 生徒の大半が、金属反応でひっかかってなかなか中へ進めないではありませんか。

 サングラスでひっかかり、携帯でひっかかり、ベルトでひっかかり、ブーツの金具でひっかかり・・・などなど。

 事前に、ポケットの中身は出しておけって学校で注意されなかったのか・・・。
 
 飛行機を待つロビーでは、興奮のあまり大騒ぎの140名前後の高校生に椅子を占領され座る場所をさがしてウロウロ。

 機内への乗り込みも、ちんたら進むのでなかなか機内へも入れない!!

 結局、飛行機は20分遅れで離陸。

 朝の飛行機は、10分前後遅れるのはよ~くあること。
 だけど、その分、航空会社だってバカじゃないんだから、時間に余裕をもたせて着陸時間を設定してるんですよ。
 その余裕の着陸時間を20分遅れるってすごいことなんだけど。
 
 フライト中も、騒がしいし叫び声は聞こえるしで、一睡もできなかったわ(怒)

 でも、わたしが一番腹が立ったのは、生徒でもなく、ボンバルディアでも小型飛行機をチャーターさせなかった航空会社でもなく、段取りが悪かった旅行会社でもない。
 引率の先生がたが、たったの1回も注意もせずに知らん顔をしていたことに、心底腹が立ってしまった。
 やる気がないんかい!
 大変だと思うけど、がんばれ先生!
 怒られたことだって、後になればいい思い出になんのにさ。

 朝の飛行機を利用する人なんて、仕事の人がほとんど。
 みんなギリギリの時間を使って動いてるんだから、迷惑をかけないような段取りを学校側は組めないものなのかな。

 きつい言い方かもしれないけど、シツケだって大事だと思う。
 高校2年生になってシツケも無いんだろうけどね。

 あぁ、それと、腰やお尻を丸出しにするようなホットパンツで修学旅行、しかも東北へ行く生徒にはジャージぐらい先生が着せてあげてほしかったな。

 風邪ひいてるわ、きっと。
 
 
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2008-01-29 17:27 | お仕事 | Comments(6)

仕事納め

 只今、無事仕事納めとなりました。
 今年もみなさまに支えていただき、無事に一年を幸福に過ごすことができました。
 
 『HOSUMI』を訪れてくださったお客さま、本当にありがとうございました!
 
 また、私の拙いブログに足を運んでくださったみなさま、本当にありがとうございました!

 取引先の営業のみなさま、小さいお店にも係わらず、よくしていただきありがとうございました!

 どうぞ、来年も相変わりませず御愛顧のほど宜しくお願い致します。
 みなさまに今年も本当にお世話になりました。
 今年以上に、楽しんで、リラックスして、美しくなれる、そんなサロン作りを心がけたいとおもっております。
 
 最後に、今年もプライベートで支えてくれた多くの友人に感謝します。

 どうぞ、みなさま!
 幸せな素晴らしい年をお迎えください^^v
 みなさまにとりまして来年が素晴らしい年になりますように!
 ありがとうございました!

 来年は1月5日より平常営業いたします。


 追伸:・・・・・・・今から年賀状を書きます、すんません(涙)
     元旦には絶対に届かないです。
     すみませ~~~~~~ん!
     
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2007-12-30 22:09 | お仕事 | Comments(10)

仙台へ行ってきた。

 朝の4時に起きて仙台へいってきました。
 仙台、杜の都仙台。・・・杜の都で合ってたっけ?

 JALのマイルがたまっていたので、タダコで飛行機に乗れました。
 朝の伊丹空港ってサラリーマンの人でいっぱい!!
 みなさん、朝早くからお疲れ様ですって感じですよ。

 朝一番の飛行機は私を含め、スーツ姿の乗客がほとんど。
 朝は飛行機も込み合うのか定刻の離陸がなかなか難しいらしい。
 私の便も10分遅れで離陸しました。

 1時間ほどの空の旅もつつがなく終わり、無事仙台空港へ。
 仙台空港からは鉄道(関西ならモノレール)で仙台駅へ向かいました。
 仙台駅に着いた私はドアの前に立っていたのですが、待てども待てどもドアが開かない!!
 
 このドアこわれてんのちゃうか(怒)
 
 そう思っていたら後ろのおっちゃんが、咳払いとともに腕を伸ばしてドアの横の開くと書かれたボタンを押しました。
 すると、今まで閉まっていたドアがするりと開いたのです。
 軽いカルチャーショックを受けながら講義をする会場へ向かいました。
 
 授業をするとき、私はいつもクラスをあたためることからはじめます。
 何をするかというと、雑談をしたり、生徒さんの話をきいたり。コミュニケーションのウォーミングアップをするのです。
 今回、東北での授業は初めてだったので、初めて会う生徒さんもいたりとかでどんな雰囲気か全くわからなかった私は、

そうそう、さっきのドアの話でもして盛り上げよか

 と、電車のドアが開かなくて後ろのおっちゃんが開けてくれた話をしました。
 もし、これが関西の会場なら、『まじで~!?』『そんなことも知らんの~』とかなんとか絶対にうるさいまでの心温まるツッコミやヤジが飛んでくるのですが、ここ仙台ではシーンと静まりっぱなし。反応なし。
 う~~~~~~~む、もしやスベったか?
 と若干弱気になっていると、最前列に座っていたお嬢さんが消えそうな小さな声で遠慮がちに、
『先生、こっち(東北)の電車のドアは全部ボタンです』
 と教えてくれました・・・。私の心にも冷風が吹き荒れました。
 その後も鉄板ネタまで持ち出したにもかかわらず、スベルスベルつるんつるんです。
 結局、授業に進みながらウォーミングアップを重ね、30分かけてようやく笑いがでるように・・・。
 別に、授業しにいってるんだから笑いをとる必要はないんですけどね~、でもね、私の授業のお楽しみは楽しいトークつきってところがポイントなのでなんだかちょ~っぴり不完全燃焼というか。

 次回、仙台に行ったら最初の5分で会場を笑いの渦に巻き込むことを目標にしよう!!
 ・・・笑いのネタより授業の内容を煮詰めなあきませんよね。ハイ、わかっております。
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2007-09-05 15:11 | お仕事 | Comments(8)

講師というお仕事

 ヤレヤレ、やっと終わりました。
 昨日、無事に試験対策講座の講義が終わって一息ついたところです。

 昨日の講義は脱毛についての講義をしてきました。
 脱毛・除毛といっても、色んな種類が存在しています。
 ・電気脱毛
 ・レーザー脱毛(光脱毛、プラズマ、IPLは原理が同じなのでここに含まれます)
 ・毛抜きを使ったツィージング(自己処理)
 ・ワックス脱毛
 ・薬剤を使ってのブリーチ
 ・カミソリ
 などなど・・・。

 この中で、私がサロンでやっているのは、電気脱毛です。
 その電気脱毛を行っている施術者を、電気脱毛師と我々業界ではよんでいるワケです。 
 で、その電気脱毛を、日本に初めて持ち帰って普及させた人がいてます。
 その先生は、中西先生といって業界ではなかなかの有名人なのです。
 えらい先生にもかかわらず、気さくで面白くて、お酒をこよなく愛したおっちゃんです。
 私はラッキーなことに、その気さくなおっちゃん先生が、現役で教壇に立っている時代に脱毛の学校の普通課程、講師課程、認定講師課程と教えていただくことができました。
 今となっては、貴重な授業でした。
 その中西先生が会長を務める、『日本脱毛技術研究学会』という団体の認定講師をさせてもらっているのです。
 昨日の仕事は、その団体の認定脱毛師1級の理論試験前対策講座だったわけです。

 と、まぁ、前フリが長くなりましたが、今回私が講義をした内容は、
 脱毛の機械を使う上で、安全かつ有効に使うための『電気学』
 今日の脱毛機が出来るまでの歴史とそれぞれの機械の性能と何故、毛がなくなるのかという理論を90分という短い時間で行いました。

 私は、午後の1発目の授業でした。
 天気もよく、昼食後で一番眠くなる時間帯に、一番おもしろくない原子だの分子だの電子だのという授業をするわけです。
 実際、私が生徒だったころも、ここの単元は本当に眠くて面白くなくて、ついでにわけのわからないところでした。
 しかし、残念なことに、この単元は脱毛師を目指す人にとっては心臓部分なのです。
 ここを勉強せずして、どうする!?的なところなのです。
 しかも、範囲は太平洋のように広いのに、時間は短い。
 これは、ポイントをまとめて、スピードを上げて解説していくしかない。
 いや、だけど、待てよ。
 一人で教壇の前でしゃべったところで、授業のスピードを上げても途中で脱落する受講者がいれば意味が無くなるし・・・。
 う~~~~~~む。

 受講者は、一応一通りの基礎知識はあるので、だぁーっと流してもついてこれるとは思うのですが、確信もなく、当日まで授業形態について考えておりました。
 何度も、いろんなパターンを考えました。
 
 1:午後でとっても眠たくて授業どころではありませんパターン
 2:この人何いってるのかわからないんですけどパターン
 3:めっちゃ理解できますから、ガンガンいってくださいパターン


 結局、この3つの授業パターンにしぼり、授業形態を決め、講義に臨みました。

 ・・・講義中、一番面白くない山に差し掛かったときに受講生の顔を見てみると、パターン1なのかパターン2なのかわからない表情なのです。パターン3でないことだけは確かでした。まさに、
  まじっすか!?
 という心境でした(涙)
 私が、講師課程の受講生だったころの恩師、中西会長の言葉が頭をよぎりました。
『タラタラタラタラ、眠たい授業すんな!!!』
 「授業中に眠たくなるのは、生徒の責任ちゃうねん、お前が眠たい授業してるから寝るんやろ」
 とよくお叱りを受けたものでした。が、時間に余裕があるときは横道にそれたり、眠気を払うような面白い話でもするのですが、なんせ今回に限り時間が無い!!
 しかも、試験に受かってもらわなきゃいけない。
 ここは、コミュニケーション方式授業に切り替えることにしました。
 この方法は、時間は若干食うのですが、理解度もわかるし、眠気もぶっとぶという講師にとって王道ともいえる授業形態なのです。
 いきなり、順番を守ることなくポンポンと、講義をする間に生徒に質問を当てていくという方法です。
 今回の受講生のみなさんは、打てば響くような返答をしてくれる人たちばかりだったので、この方法は非常に有効な方法でした。
 いい生徒ばかりでよかった。

 なんとか制限時間内に講義を締めくくることができました。
 ヤレヤレです。
 講師という仕事は、教える内容だけを勉強するのではなく、生徒との間を読む勉強も必須なのだと身にしみた1日でございました。
 
 自分で講義しながら笑ってしまいそうになりました。
 恩師が授業中に口癖のように言っていた言葉が私の口からも何度も出てきたのです。
 『あぁ、これは先生の口癖じゃなくて、一番生徒に対して言いたかったことやったんやな。』
 と、自分が講師になって初めてそう思いました。
 一番生徒に伝えないといけない、そう思う言葉は授業中に何度も出てきてしまうものなんだと。

 中西会長のような授業は一生できないとは思いますが、それに少しでも近い授業が出来るようになればなぁっと思うのですが、それにはまだまだ時間がかかりそうです・・・。
 
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2007-06-05 18:27 | お仕事 | Comments(4)

今日はお店の誕生日♪

 本日5月13日で、無事5周年を迎えることができました♪
 これも、支えてくださった皆様のおかげだと感謝いたしております。
 本当に有難うございます。

 あっという間の5年だったような、長かったような・・・。
 これからも勉強していきます!
 本当に、いいものだけを提供できる、そんなお店作りを心がけています。
 
 28歳で独立して、オープンしたお店も今日で5歳。
 ちなみに私は33歳。
 月日の流れるのは本当に早いです。
 小さい頃、おばあちゃんに、
『今日という日は2度と戻っては来ないのですよ』
 とよく言われたものでした。
 
 考えてみると、この5年、価値ある時間だけがあったわけではありません。
 もっと、充実させれば良かった・・・と反省する時間も多くあります。
 今日という日は戻ってこない、この言葉は毎年オープンの日に思い出します。
 私にとって、今日は記念日でもあり、初心に返る日でもあります。

 今日、また、気持ちをリセットして、新たに進んでいきたいと思います。
 
 おばあちゃんが創立し、母が継いだ美容院は、今年で52年目になります。
 私のお店は、たった5年。
 母の店に比べると10分の1以下です。
 私のお店も、母のお店のように、お客様に必要とされる、そんなお店にしていきたいです。
 細く長く、やっていけたら本望ですね。
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2007-05-13 14:23 | お仕事 | Comments(6)

 今日から、『ピラティス』というものをサロンで始めました。
 インストラクターの先生に来ていただいて、週1回60分行います。
 私も、生徒として参加しました。

 この『うちのサロンでピラティス教室』という企画は、何を隠そう(隠してないけど)、母59歳の為に企画したものだったのです。
 なぜなら、うちの母は、人よりだいぶん大きめの身体を持て余しているからなのです。
 人より大きいものを持っているというのは、良いことばかりではありません。
 高血圧に心臓病、脳梗塞、体重に酷使されたヒザ関節は悲鳴をあげる毎日です。このままいけば、メタボリック女王の名を欲しいままに出来そうな感さえあります。
 私たち家族はそんな母を少しでも痩せさせようと、いろんな努力をしてきました。
 犬を飼えば散歩に行くという小学生並の約束をする母に、トイプードルのマロンちゃんが我が家の一員になりました。しかし、マロンちゃんは、重度の心臓病であった為にさんぽ禁止令が獣医さんから出されたのです。
 「さんぽする犬がいたらあるくのになぁ~」
 という母の言葉を真に受けた父が、今度こそとまたまたトイプードルのよもぎちゃんを連れて帰ってきました。しかし、よもぎちゃんは、重度のビビリの為にさんぽに連れて行こうとしても座り込んで1歩も動かないのです。こうして、さんぽの出来ない犬が2匹になり、ついにさんぽのできるシュナウザーのアンディ君が我が家へやってきました。
 今度こそ母の言い訳がなくなる!!!
 私が、アンディ君を仕事の合間にさんぽの特訓(?)に連れ出し、さんぽが無事に出来ることを確認して、母にアンディ君を託しましたが、アンディ君との初さんぽで、運動不足が祟ったのでしょう。足元をすくわれて転んでしまったのです。
 こうして母は、犬の散歩を放棄し、犬は母のお散歩パートナーから、お昼寝パートナーと立場を変えました。運動の必要でない父と私が今では犬の散歩係になっています。
 ハードな運動は出来ないので、ソフトなヨガとか習いに行ったら?と勧めると、
 「血圧が高いから~、外に出で習いに行くっていうのがなぁ~冬で寒いしなぁ」
 そんなことばっかりゆーてるからでかくなんねん!!!
 という思いをぐっとこらえ、知り合いのインストラクターの先生に無理を言って、うちの店に週1回来ていただいて教えていただけることになりました。

 今日、初めてのレッスンだったのですが、ピラティスは思った以上に効果があるようです。
 呼吸法と身体の歪みを矯正するピラティスは、なかなか思うようには出来ません。
 しかし、たった1時間だったのに終わった後、猫背だった母の背中が伸びているではありませんか!!本当に、驚きました。
 ゆっくりと、マンツーマンで教えてくれる先生なので、母も身体に負担のかからないようなポーズを教えてもらい、なんとかこなしていました。

 来週は、30日金曜日の3時からレッスンを行いますので、先着3名様だけですが、ご興味のある方はご連絡くださいませ。
 料金は、1回1500円です。
 
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2007-03-22 17:11 | お仕事 | Comments(7)

あぁ、勘違い(涙)

 みなさん、こんにちわ~。
 私のお店の定休日は月曜日なのですが、今週の月曜日は、なんと、

 夜の7時から

 講師会という名の会議に出席しておりました。
 私は日本脱毛技術研究学会という団体の(一応)講師です。

 この講師会のメンバーは、全員で7名で全て女性です。
 私が一番下っ端です。
 
 ちなみに、美人ぞろいデス!! 
 ※(私は省きますヨ、自分で言うほどそこまでさすがにあつかましくないので(^^)v)

 本当に、キレイなお姉さんがたばっかりなのです。
 年齢不詳の人ばかりです。
 たぶん、本当の年を知った人はしばらく口が利けなくなります。
 
 脱毛師の学校のときの普通課程から講師課程まで同期の千里山でサロンをしているお友達や、講師課程で同期だった仙台のお友達に久しぶりに会えてとても嬉しかったです♪

 講師会では、来週にせまった、試験官のお仕事の打ち合わせや、
 今年1年の大体の予定なんかを決めていきました。
 思ったより時間もかかったし、大変そうでした。(←他人ごと??)
 自分が、試験を受ける立場だったときは、 試験官って、フラッと試験会場に来て、採点をしてフラッと帰っていく、みたいなイメージが漠然とあって、
 「ええよなぁ~試験官は~緊張することもないし~ラクそうやなぁ~」
 と思っていました。



 それは、大きな勘違いでした。。。
 私のときに試験官をしてくださった皆様、本当にすみません。
 試験官って本当にめんどくさい、いえ、大変です。
 準備なんて、自分が試験を受けていた頃の何倍も大変だし、
 遠方まで移動はあるし、教えるには、受験よりも何倍もの勉強量が必要です。
 エライ大変なもの(=講師&試験官)になってしまったものだと、
 今更ながらに反省する私・・・。
 だけど、なってしまったものは仕方がないので、頑張りますよ。
 ええ、がんばりますとも。
 仕方ないんで・・・・・・。(涙)
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2007-02-08 13:48 | お仕事 | Comments(1)