2017年 06月 28日 ( 1 )

高慢と偏見とゾンビ?

ひさしぶりに、まとまった時間が取れたので、レンタル2本です(^^)

c0109891_06221430.jpg


海外ドラマは観てるのですが、なかなか映画まで観る気持ちの余裕がなくて…。

仕事もやっとひと息つけたので、前から観ようと思ってたブリジットジョーンズの一番新しいのと、タイトルに負けて借りた、


高慢と偏見とゾンビ(爆)


このタイトルで観るなという方が無理。

哲学的ですらある高慢と偏見という言葉に、すべてを粉砕する感すらあるゾンビを合わすあたり、

もう、ハイセンスですよねえ(爆)


これは観てしまう!(笑)


私は常々、言っているようにかなりのおびびりさんなので、ホラー映画は絶対に観ないんです。


だけど、一部の、



ゾンビモノはOK



なのです。

ゾンビモノといっても、速い動きのゾンビがメインのバイオハザードとか、ゾンビゾンビしてるのはあんまり観たくないんです。


要するに、あんまり怖くないゾンビモノなら観れるっていうか、あと、パンデミックモノが好きなので、

疫病が蔓延して…みたいな設定のものならゾンビが出てきても観れます、というか割りと好んで観る。


怨霊系のエクソシストとかオーメンとか貞子とか、あの辺は絶対に怖くて観たくない。
トイレに夜、行けなくなるし(T-T)


ゾンビってリアリティーが無いでしょう?(^^)

日本って仏教や神道がベースにあるから、キリスト教の終末ってイマイチ、ピンと来ないこら、ゾンビに対しての恐怖心がないというか…。

あくまでも作り物として観れるので、ゾンビは大丈夫なのです。


と、話しはそれましたが、この高慢と偏見とゾンビ、イギリスの1800年代が舞台で、ゾンビが蔓延した世の中で、貴族社会とさらに貴族でゾンビになってしまった人たちの共存を目的とする勢力とが戦うっていう、

もうね、どっちもどこまでも高慢と偏見に充ち溢れたなかなかの秀作でした!(笑)


面白かった!(笑)


ブリジットジョーンズはもちろん、笑って泣いて、共感してで、女子はみんな好きですよねえ。

久しぶりに2枚とも当たりでした(^^)

お時間があればぜひ、高慢と偏見とゾンビをご覧ください。


本当におもしろいですよ。

これぞ、私の求めているゾンビって感じです(笑)


[PR]
by hosumi_moriwaki | 2017-06-28 05:50 | 本・DVD・映画 | Comments(0)