2014年 04月 28日 ( 1 )

 以前、知り合いの日本語教師(日本人)に頼まれて、
 卒業した教え子と食事をする交流会の助っ人をしたことが
 ありました。

 詳しくはこちら↓
 世界情勢の縮図を見た気分

 今月の頭に、日本語教師の先生から電話がかかってきて、

 「ゴールデンウィーク空いてる?」

 と聞かれたので、

 「……また交流会の助っ人だったら、絶対にお断りですよ」

 というと、アハハハハ……と空笑いが電話口から聞こえてきました。




 先生:いや、実はね、以前の交流会に参加した人から何度も連絡を頂いてね。
    もう一度、ほずみさんと話がしたいって言ってるんだよ。
    なんだかすごく楽しかったみたいでね、またゆっくり話したいそうなんだ。

  私:はあ、それはどこの国の方ですか?

 先生:韓国の女性の方だよ。ほら、オーストラリアの●●の同僚の。

  私:…………。

 先生:覚えてない?

  私:いえ、忘れるわけがありません……。

 先生:そっかー。そんなに楽しかったんだね!

  私:そういうわけでは……。どんな話になってどういう騒動になったか、
    先生、聞いてらっしゃらないんですか?

 先生:ちゃんと聞いたよ。会って話がしたいって言われても、『はい、そうですか』
    ってすぐに返事することなんて出来ないからね。だから、会ってどうするんですかって。
    彼女ね、ほずみさんが一生懸命反論してくれたのが楽しかったんだって。
 
  私:私といたしましては、全く楽しくなかったのですけれど。

 先生:うん、だけどね。日本人って政治ってタブー視してるところあるじゃない?
    そこにいくと、ほら、ほずみさんってそういう感覚ないから。

  私:いえ、ちゃんとありますよ、そういう感覚。
    TPOをわきまえてるだけです。

 先生:だからね、彼女が真剣に話をしてもみんな適当に流したりするんだって。
    だけど、ほずみさんは真正面から噛みついてきたってすごい絶賛してたよ。
    それで、もう一度ディベートやりましょうって。
 






私:……不毛なことはしない主義です。




 っていう内容のお電話だったのですが、
 どうしてもどうしてもって何度もお願いされてるらしく、
 一度食事でもっておっしゃられるので、
 丁重にお断りしました(笑)

 そんな理由でゴールデンウィークに働くことになったのです(休みがあったら大変!)

 実は、交流会って1年半ぐらい前の話なんです。
 その交流会のあと、韓国籍の友達や在日の友達と食事に行ってそのときの話をしたら、

「あんたの話し方じゃ絶対に負けるわ!最初から、ガツーンとのけ反って偉そぶって抑えこまんと!(大爆笑)」

 と的確な助言を頂きました(笑)

 それから、


「絶対に相手の言うこと聞いたらあかんねん。聞かずに自分の主張を延々としゃべり続ける。これがミソやな。相手もあんたの話なんて全く聞いてないねんから。しゃべるん止めたら負けやで」 


 と(笑)

 もう、それディベートじゃないから。

 私は韓国に旅行に行ったときに、
 とあるスーパーの店員さんにタクシー乗り場を尋ねたんです。
 そのときに、日本語は話せないということだったので、
 英語で聞いたんですが、乗り場を教えてくれたあとに、
 私と友達が背中を向けたら、
 とてもよくわからない英語で
 『日本人のサルが生意気に英語で質問しやがった。ファックモンキー』
 って言われたことがあって、
 (アメリカのスラングでfuck a duck っていうのは聞いたことあるけれど、ファックモンキーってのは聞いたことがない)

 なーんでそこまで言われないといけないのかな。
 と、不思議に思い(もちろん親切な人もたくさんいらっしゃったけれど)、日本に帰ってから、
 図書館通いをして、韓国の反日教育や歪曲した歴史、慰安婦問題などを
 日本側だけでなく、韓国側の主張した文献なども読み漁りました。

 その結果は言わずもがなです。

 私がサル呼ばわりされた原因もわかったし、
 しつこくキムチの発音をkichiと治されたのもわかった(笑)

 民族性も勉強したし、
 すごく韓国のことを勉強して、
 おそろしく遠い国に感じたのも事実。

 私には韓国籍の友達も在日の友達もいますし、
 ときどきは政治の話や、歴史の話で意見が違うこともあるけれど、
 (不思議と慰安婦のことでは意見の相違があったことがない!) 
 そういうぶつかり合いができてこその友達だと思うので、
 
 ディベートしましょう

 っていうのは嫌じゃないんだけれど、
 相手がちょっと・・・っていうのが本音(笑)
 お酒飲まないなら大丈夫かもしれませんが・・・。

 というわけで、ゴールデンウィークも元気に働いておりますので、
 どうぞよろしくお願いいたします\(^o^)/








 
[PR]
by hosumi_moriwaki | 2014-04-28 20:50 | 日常 | Comments(6)