ちょびちゃん天国へ。

 みなさんにご心配いただいていた、ちわわのちょびちゃんが10月22日午前1時17分に天国へと旅立ちました。

 1993年7月23日生まれなので、ちょうど、15年と3か月いきたことになります。
 
 とにかく、かわいいちわわでした。
 私が大学2年生のときに一目ぼれして連れて帰ってきたわんこです。
 ちょびちゃんが若いころは、カレンダーに載せないかとか、いろいろとお声がかかるほどのべっぴんさんでした。
 
 老いてもなおかわいい風貌のちょびちゃんは、体重が1.2キロしかありませんでした。
 全盛期は、1.5キロまでなったことも。
 最後に体重を計ったときは1.1キロしかありませんでした。

 たった1キロの体で、本当によくがんばってくれました。
 
 ちょびちゃんが危篤になってからの2か月ちょっとは、ちょびちゃん中心の生活でした。
 朝、夜は2時間かけて薬とごはんを食べさせて、2日に1回は病院へ連れて行って、毎日仕事場へ連れて行って、夜中にも起きてお水をのませたり、栄養剤をなめさせたり。

 なので、ぽっかりと時間が空いてしまって、何をしていいやら。

 老衰なので、急にいなくなったわけではないので、ショックとか、そういうのではなくて、なんだか気が抜けたような、体の一部分がなくなったような感じでした。
 苦しいのや辛いのや病院での治療からちょびちゃんが解放されたと思うとほっとしたような。
 ああしてやればよかったかなとか、こうしてやった方がよかったんじゃないかとか。
 できることはすべてしてきたつもりでしたが、終わって振り返ってみると、迷いばかり。

 ほんとに、最後までかわいいべびちゃんでした。
 最後は一緒に寝ていたベットの上で、私の腕の中に抱きかかえて逝かせてやれたことだけが救いでした。

 私の19歳から34歳までのあいだを一緒に過ごしてきたわんこだったので、いろんな思い出があります。
 それだけで、私は十分に幸せだと思ってます。

 ちょびちゃんと初めて出会った日のことは今でもよく覚えています。
 あの子と会えたこと、それに、うちで過ごしてくれた15年1か月と23日に感謝してます。

 毎日、多くの動物の命が失われています。
 幸運な動物は飼い主さんに愛されて幸せな一生を送りますが、そうでない動物も多くいます。
 どうか、一度家族になったなら最後まで家族として過ごしてほしいと思います。


 ちょびちゃんに、多くの方からご心配を頂きました。
 本当にありがとうございました<(_ _)>
[PR]
Commented by MARIN at 2008-10-24 23:52 x
あ~遂にその日が来てしまったのですね(涙)
命あるものいつかは訪れる日とは言え
やっぱり悲しい寂しい思いでいっぱいだと思います。
ホズミちゃんは精いっぱいやってあげたのでちょびちゃんも安心して天国へ旅立ったことでしょう。
ちょびちゃんはその愛らしさで天国でも愛されると思います。
ご冥福をお祈りします。
Commented by hosumi_moriwaki at 2008-10-25 00:03
MARINさん、ありがとうございました<(_ _)>
ほんと、わかっていても寂しいですね。あまり悲しむと、ちょびも安心できないだろうと思うので、さみしさはさみしさで受け止めて、一日づつちょっとづつ元気になっていこうと思ってます!
あんなかわいい子と15年も一緒にいられたことを幸せに思ってます^^
ありがとうございます!
Commented by reikohanda at 2008-10-25 00:30
ホズミちゃん!ついにだったのね。
ちょびちゃんが逝ってしまわれたこと、本当に残念です。
ご冥福をお祈り申し上げます。
せめて、抱っこしてあげた状態でお見送りできたことが幸せでしたね。
総会に参加しないでよかったですね。おかげでちょびちゃんと長く一緒におられたしね。天国でも喜んではるわね。
ホンマにお疲れさまでした。
Commented by aijyanki at 2008-10-25 01:23
ちょびちゃん、安らかに天国にたびだったことと思います。
本当に幸せな生涯だったのではないかなと思います!
いつもいるはずのところにいないのは本当に淋しいこと
だと思いますが、ちょびちゃんの分も元気に毎日を
お過ごしください。
ご冥福をお祈りします・・・。
Commented by mindgames2885 at 2008-10-25 11:04
どうなのかな?とは危惧していましたが..。ちょびちゃんがスーコンに行かせてくれたのかな??
>19歳から34歳までのあいだを一緒に過ごしてきたわんこだったので
それは思い出深いですね。お疲れ様でした。ちょびちゃんも今,お空で感謝してはりますよ,きっと。
Commented by hosumi_moriwaki at 2008-10-25 19:56
れいこ姐さん、ありがとうございます<(_ _)>
ほんまに参加しなくてよかったです(汗) 
神様が決めた時間が来てしまったんだと思ってはいますが、さみしいものですね。
ちょびが最後に見せてくれた生きることへのエネルギーはすごい人生の勉強になったと思ってます。わたしもこれで一つまた経験が増えたなぁと。いい思い出ばかりですね^^
Commented by hosumi_moriwaki at 2008-10-25 20:00
あいさん、ありがとうございます<(_ _)>
ついついいつも寝ていた場所に目が行ってしまいます。喪失感ともちょっと違うような不思議な感覚に戸惑ってます^^; ちょびからはいろんなものをもらいました。もらってばっかりだったかもしれません^^; ちょびのぶんもがんばって大切に生きていきたいなとつくづく思いました。
Commented by hosumi_moriwaki at 2008-10-25 20:03
仔仔迷さん、ありがとうございます<(_ _)>
スーコンのときはまだ状態も安定していたので安心して楽しませてもらえました。。。 ちょびなりに気をつかって頑張ってたのかも・・・!?
ほんとに、動物は単純なので最後まで生きることをあきらめないんですよね、あの姿勢というか姿に胸がうたれました。
Commented by oyajisans at 2008-10-27 15:59
こんちわ。チョビちゃん逝かれたんですね…。
命あるものの運命なのですが、ホスミさんの青春をともに生きてきたチョビちゃんとのお別れははやり寂しいでしょうね。
きっとチョビちゃんは天国から貴女の事を見ていると思いますよ。

チョビちゃんのご冥福をお祈りします。
Commented by hosumi_moriwaki at 2008-10-27 20:52
おやぢさん、ありがとうございます<(_ _)>
一日一日と落ち着きをとりもどしています^^
寿命だとわかっていても寂しいものですね。15年も一緒にいたのでまだ隣にいないことになかなか慣れませんが少しづつ気持ちを消化していきたいと思ってます。
ちょびのことで畑がずいぶんと御留守になってしまったので、いまからがんばらないと・・・!
Commented by りゅーきち at 2008-10-27 23:03 x
ご冥福をお祈りします。最後の最後を看取ってもらって、幸せだったと思いますよ。
Commented by 穂澄 at 2008-11-02 21:54 x
りゅーちゃん、ありがとう^^ りゅーちゃんが家にきてくれたときもいたわんこです^^
自営業でよかったと心からおもいました。
by hosumi_moriwaki | 2008-10-24 20:51 | わんこ | Comments(12)