看板犬ももちゃんの赤ちゃん時代

 先週、かかり付けの獣医さんに、ちょびさん(チワワ・13歳9ヶ月)の心臓の薬をもらいにいったときに、偶然、ももちゃんのご実家のお母さんが、ももちゃんの両親犬と妹を連れて来ていました。
 ももちゃんのお母さんチワワは多産の体質らしく、ももちゃんも6匹兄弟姉妹として産まれました。普通、チワワというのは、一度にせいぜい、産んでも3匹がいいところなのですが、ももちゃんはその倍の頭数で産まれたわけです。
 この写真は、ももちゃんのご実家から頂いた、ベビちゃん時代の物です。
c0109891_17461141.jpg

 いまや、硬直して半開きの目で寝ているももちゃんにも、こんなにかわいらしい時代があったのです。
 白黒の模様のわんこが、ももちゃんです。
 上の写真の耳を両前足で覆うようなしぐさは、今でもよくしています。
 きっと、この頃からのクセなんでしょうね。
 あかちゃんというのは、人に限らず、どんな動物でもかわいらしいものです。
 産まれてきたからには、どんな動物でも、元気でたくましく育っていって欲しいと思います。
 ももちゃんと一緒に産まれた、他の5匹も元気で大きくなったかなぁ~~。
 
[PR]
Commented by marriamania at 2007-04-20 23:40
ひゃあ~~~~かっわいいいいい~~!つるんつるんのすっべすべ。で、皆で寄り集まってる姿がなんて愛らしいの!!はあ、本当に。どんな生き物も赤ちゃんはかわいいですね。丸みをおびた体が許されるのは赤ちゃんのときだけか。。。と、話がズレて失礼しました。守ってあげたくなりますね。
Commented by reikohanda at 2007-04-21 00:28
この可愛さよ!鼻血が出るわ・・・ 
この垂れたお耳が、いつからピンっと立ったんだろうねぇ〜
Commented by hosumi_moriwaki at 2007-04-21 08:41
マリアさん、本当に、身体が丸いのを許される時期は赤ちゃんのときだけのように感じます(笑)
ねずみのような子犬だったももちゃんも、今や、2.7キロとご立派な体型になってしまいました。
Commented by hosumi_moriwaki at 2007-04-21 08:44
れいこ姐さん
この頃は、食べてしまいたいぐらいかわいかったのですが、今は筋骨隆々、アスリートも真っ青の野良犬体型になっていて、あどけなさのかけらもありましぇん。耳は、半年ぐらいで勝手にだんだんピンっと立ってくるんですよ。立たない子もいるのですが、耳の根元を輪ゴムみたいなので止めて立たせるようですよ。うちは、おかげさまで無事2匹とも自然に立ちました。
Commented by aijyanki at 2007-04-25 11:30
ぎゃぁぁ!!!很可愛!!!(今もとっても可愛いですが)
耳を両前足で覆うようなしぐさ、すっごいツボ〜!可愛いです。
今もしてるんですね!(^^)
Commented by hosumi_moriwaki at 2007-04-25 19:15
あいさん、こんにちわ♪
そうなのです、今もももちゃんの癖なんですよ。今は大きくなったので、赤ちゃんのときみたいに耳の下までしか手が届かないということはなく、立派に耳を覆っております^^
by hosumi_moriwaki | 2007-04-20 17:58 | わんこ | Comments(6)