恩師の訃報。

 23日に恩師である中西正興先生の訃報を受けました。

 中西先生は日本に永久脱毛を初めて持ち込まれた方で、日本の脱毛の歴史は中西先生とともにありました。

 先生は恩師で、畑仲間で、ご近所さんで、人生の大先輩でした。

 私が病気になったとき、友達のお医者さんを紹介してくださって、「中西がなんとかしてくれっていうてたって言うてこい」と先生らしい励ましをくださったり、


 私がどこか知らない場所へ講習へ行くと話すと、「ああ、そこやったら●●先生がおるから探して、中西からよろしくと言われてますって言うてみい」とお知り合いの業界の先生と話をするきっかけを作ってくださったりしました。


 おかげさまで今、こんなふうにどこへ行っても「中西先生ところの子」と覚えてもらえ、いろんな人たちと知り合うことができました。


 私がこの4月に走り回っていた講習会も、先生がお元気なら中西先生が教鞭をとる講義でした。


 毎週、講義の次の日と講義に行く前に、先生にどんな講義内容だったのかの報告と行ってきますの挨拶をするのが今月の私の予定になってました。


 最後にお会いしたのは19日。


 亡くなる3日前です。


 そのときも先生に、「22日と23日と九州に行ってくるからね、24日の午後から先生に会いにくるから、それまで頑張って元気でおってね」

 と伝えると、


 「おお、すまんな。頼むな。きいつけてな」


 と話すのもしんどいのに言ってくださいました。


 私が訃報を聞いたのは九州の講義をする朝、ホテルで受け取りました。

 先生のご家族は私が九州で仕事をしているのをご存知だったので、私にだけは知られないようにとしてくださったようなのですが、しっかりと朝イチで聞いてしまいました。


 もう、頭が真っ白で、せっかく化粧をしたのに涙は止まらないし・・・。


 でも、先生の娘さんからのメールに「講義しっかりね!! 先生見とうで!!」って書いてあって、それ見たら不思議と涙も止まって、「ああ、そうか。仕事せな。授業料もらってるのに下手なことできひんわ」って思えて、落ち着くことができました。


 講義が終わって、お通夜には間に合わないけど斎場は家の近所徒歩圏内なので、会わせてもらおうと思って新幹線に博多からとび乗ったら、広島駅を過ぎたところで停電で停止。


 神戸に着いて、先生の顔を見ながら、


 「先生、新幹線停電で止まりましてん。私が来るのがイヤでした・・・?」


 と一言お別れの前に報告しておきました。

 楽しいのと仲間を何より大切にしていた先生です。

 明るく、楽しく見送りたかったのですが、最後は全員号泣で、快晴のお天気だけが先生を元気に見送ってました。


 もう、あの声で「もりわき~」と電話もかかってこないし、家に遊びに行っても会えないと思うと寂しくて仕方ないです。

 先生の功績は凄過ぎるものですので、それを汚さないよう、先生の教えを後輩たちに伝えるのが講師としての仕事だと思っています。

 それだけはちゃんとがんばろうと棺の中の先生に誓いました。

 あ~。ほんとにさみしい・・・。
[PR]
Commented by oyajisans at 2012-04-25 22:26
2010年 07月 05日の記事で拝見させていただいた方ですね。
これからはホズミさんやれいこはんが伝承されるのですね。
頑張って師の意志を守ってください。

ご冥福をお祈りします。
Commented by reikohanda at 2012-04-26 00:30
いつかこの日が来るとはわかっとってんけどね。でも、
葬儀場に向かいながら、「今じゃないでしょ!!」と思いました。
まだまだ我々を牽引してもらわんとアカン方なのに・・・
本当に哀しすぎます。
喪に服さないとアカンのはわかってるけど、どうしても
あがきたくて、喪服じゃない、ただの黒の服を着ていって
しまいました。ホンマにしょーもない抵抗です。

ホズミちゃんはホンマにエラいよ!!新幹線が止まったときは
心臓止まりそうやったでしょ!!そんなこと考えると
胸がつぶれます。
これからも、先生の意志を受け継ぎ、後進の指導と
我々の牽引をよろしくお願いいたします。
講師の資格無いもんで(汗)、お役にたてません。
でも、何らかのお役にたちますよ!
みんなでがんばろうね!
Commented by hosumi_moriwaki at 2012-04-26 08:06
おやぢさん、ありがとうございますm(__)m
そうです、うちのブログにも登場してくださいました。ほんまに飾らない気さくなえらそぶらない先生で新人にも大御所にも同じように接してくださったんです。本当にこれから頑張らないと…!
Commented by hosumi_moriwaki at 2012-04-26 08:11
れいこ姐さん、私も23日の朝、「なんでまた今日なん」って茫然としました。すぐに加藤さんとれいこはんに電話して。ほんまにいつかは来ると思ってたけど、余命1年って言われて8年もたってたから、危篤になってから1ヶ月ぐらいは大丈夫ちゃうかと思ってました。先生も人間やったなぁと。不死身やとおもてましたもんね。
これからお世話になります。私たちの会は仲の良さと結束だけが取り柄みたいなとこがありますから、全員で向かっていかなあきませんね!
私も頑張ります~!
by hosumi_moriwaki | 2012-04-25 20:40 | お仕事 | Comments(4)