山火事、その後。

 やっと種火も消えたみたいです^^

 ご心配いただきまして、ありがとうございました<(_ _)>

 山火事になると、もちろん、火が飛んでくるのが一番怖いのですが、それ以外にもいろいろあるんですよ、実は!!!


 まず、自衛隊のヘリコプターが一日中上空を飛んでいるので、振動で家が揺れたり、音もすごいです。

 それに、消化活動が始まると水圧が下がるので、トイレもなかなかタンクに水がたまりません。


 すぐに鎮火するわけではないので、いつでも避難できるように貴重品と薬などを入れた袋を枕元に置いておいて、家族で手分けして夜中に何回か起きて家の周辺を確認したり、庭の木に火が飛んで来て燃えないように、水をかけたり(ため置きしている水)、伸びすぎた枝を落としたりしなければなりません。


 普段は、山のふもとで静かな実家も野次馬や見物にわざわざ登ってくる人たちでとってもにぎやかでゴミも落としていきます・・・(これは本当に最悪・・・)

 で、火が消えてからしばらく大変なのが、煙で洗濯物も家の中もすべてがきな臭いということです。


 山火事が起こると、こんなことがあるんですよ~(涙)

 
 冬は乾燥しているので火事が多いので、今日の雨はありがたかったです^^

 みなさんも山が近いかたはおきを付けくださいね^^
[PR]
Commented by chieco at 2011-04-09 06:16 x
大変でしたね
娘婿が姫路消防に勤務しているので
山火事が多いと言っていました
消火する方も怖いそうです
覚悟を決めると言ってました
初め家の方まできな臭くどこか家事なのか 心配でニュースを見て ビックリしました
消えて良かったけど 後々大変なんですね
お疲れが出ませんように
Commented by 穂澄 at 2011-04-09 16:56 x
chiekoさん、お婿さん、消防士さんなんですね^^ 母が「あの重そうなホースを担いで山を走って登ってる」といつも大絶賛しています。
私たちにとってはとても頼りになる消防士さんたちです。
お風呂場とかは締め切っているので、逆に煙が逃げてくれなくて最後まできな臭くて大変です^^;
ありがとうございます^^
by hosumi_moriwaki | 2011-04-08 23:31 | 日常 | Comments(2)